アップルライフ

『子どもたちに安心・自信・自由を』
子どもを育てることが好きで子育ての専門家より大切なことを学びました。


テーマ:
眼科の先生に聞きました。


私「ゲームの時間って、
   どのくらいしていいものなんですか?」

眼科医
「難しい質問なんだけど‥
    姿勢に気をつけて、20~30分やね。」


私「1回、20~30分を1日何回できますか?」


眼科医「1日に?・・・1回か2回かな。」

この質問には先生は驚いていらっしゃって、

先生の中では、1日20~30分だったのだろうと思います。

でも、優しい先生なので、

「お友達もやっているだろうから、
 ゲームをしたらアカンとは言われへんからね。
 難しいけど、気をつけて下さいね。」

と、言ってくれました。



メガネ屋の店主さんは、

手に持ってするゲームは論外だったようで、

「テレビで遊べるゲームでも
 かなり離れた所からしないといけないよ。」

とのことでしたあせる


アップルくんもゲームを始めてから、

かなり視力が落ちたので、自分でもショックだったようです汗


目の専門家の方が、こんな回答をするのだから、

あの小さい画面でのゲームは、

子どもたちの目には良い影響はないようですね。


しかし‥、

子どもの気持ちから考えると20~30分で終わるのは、

残酷なような気がします。


でも、体は大切ですから、タバコやお酒のように、

それでもするかしないかは、自分次第ですよね。

小さい子どもさんは、体のことをよくわかっていなかったら、

親次第かもしれません。。。



銀行のATMの暗証番号のように、

「3回間違えたら、その日は利用できない。」とか‥、


子ども向けに、最初から目に負担がこない方法で、

ゲームソフトを作って欲しいなとも思います。

「1日30分しかできないゲーム」とか、

「何歳以下の子どもさんは利用できない」とか‥、

それなら、最初からあきらめがつきやすいですよね合格


子どもさんの目には気をつけてあげて下さい。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アップルくんの「自己実現」の話で思い出したのが、自分のことです。


私の小学5年生の頃は、バレーボールがしたかった程度でした。

中学も迷わずバレー部に入りましたが、

中学3年の頃にはダンスがしたくなっていました。


高校になって本格的にダンスや歌を習いに行ったのですが、

習いに行きたいことを親に打ち明けて、

月謝を出してもらえたのですが、

就職活動もせずにダンスを優先していたから、

親からしたら、心配だったでしょうね。


「仕事としてできるかどうかもわからないことを続けるより、

 正社員になって働いて欲しい。」ぐらいは言われたけど、


「そんなの関係ねぇ~」 ・・・でしたね(^_^;)


結局、自分で決めてやりたいことを選んでいったので、

アップルくんも、自分で気づいて決めて行くのが一番良いことだと確信できます。


見守るしかないんですよね。

なんやかんやと、言いたくなることはあるのですが、

「自分で決める」ことが大切なんです。


結局、10代の後半~20代前半で、自己実現ができて、

私もダンスの仕事ができるようになり、

いろんなことを事務所の社長さんに教えてもらえたので、

そんな経験が身に付いて、今も役に立っているので、

スゴイな~と思うんですビックリマーク

やりたくないことをやっていても身につかないですからねあせる

ダンスを習いに行ってたところで、plainさんと知り合ってるし・・。

私がもし、親の望むことを選んでいたら、

今の私はないですね。

子どもと関わることもしていないと思います。

考えられないですね。

自分の気持ちのままに動いてきてよかったです合格


アップルくんのこれからのことも楽しみですニコニコ

だまって見守るからね~。

「アップルくん、やりたいことをやってちょうだ~い音譜
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ゲームの影響

続きです。


ゲームをして、「クリアできない。」「思い通りにいかない。」

ということがストレスとなり、

そのストレスを持っていく場所もないほど

アップルくんは自分と戦っていました。


私たちもアップルくんの気持ちを聴いてあげようとは思っているのですが、

私たち自身も、ゲームにいじめられたようになっているアップルくんを

見るのが辛くて、こっちまで腹が立っているので、

そんなときは、自分の怒りも出てしまうものですね汗

アップルくんを落ち着かせようと思う分、

「ゲームは機械だから、
アップルくんの気持ちを聴いてくれることもでけへんもんな~」とか、

いろんなことを言ってしまうので、

アップルくんは、「うるさいビックリマークだまれビックリマーク」と、落ち着くところではありませんでしたあせる


カウンセラーさんに、状況と私たちの気持ちを話し、

「こんなとき、どうしたらいいんですか?」と、聞いてみたら、


大変だったのね。

やっばりどんなときも子どもの気持ちを聴いてあげることしかないの。

同情されたり、まともなことを言われるほど、

イヤなものはないのよね。

「うるさい、だまれ!」って言ってくるときは、

まだまだ甘えたい。共感して欲しい。

まだ聴いてもらうことが足りてなくて、受け止めてもらいたい証拠なの。

だから、どんなに泣いていても、

暴れていても寄り添って聴いてあげる。

森田ゆりさんもおっしゃってたけど、聴いてあげることなの。


それと、アップルくんは、精神的な成長が早いようだから、

きっと、エネルギーが余っていて、今は手元にあるゲームで、

それを発散させようとしているけど、

ゲームでは満足感がないのでしょうね。

何か足りないことは感じているから、

もっともっと遊んだら得られるように思い、遊んでしまうのだと思うよ。


でもね。彼は「自己実現」がしたいのよ。

言葉にならないけど、コレを求めているのだと思うよ。

これは、自分で気づくしかないのよね。

ゲームのことにこだわらないで、

様々な思いに気づかせてあげ、選択肢を増やしてあげるといいよ。

決してアドバイスはしないの。

情報提供をしてあげるのがいいわよ。

「こんなのあるよ」ではなくて、

‘ひとりごと’で言ってみるといいよ。

選んで決めるのはアップルくんだからね。


アップルくんは、ゲームをクリアするという遊び手側より、

作り手側の気持ちを考えさせてあげるといいよ。

将来の仕事に繋がるように、「作る側の思いを読む」という練習ね。

思考回路を広げてあげることができるといいね。


親から話せるのは、健康面のことかな。

脳や、目のこと。

「こうして欲しいな」と交渉をしてみるけど、どうするかを決めるのは、

やっぱりアップルくんなの。


一週間ぐらいしたら、何かに気づき始めるから、

時間をかけて同じことの繰り返していくといいよ。


それとね、これは気になっていたことなのだけど、

オレンジさんやお母さんが、子育て支援の活動で、

自分たちの自己実現をしている姿を見ているから、

«嫉妬»と感じているのだと思うよ。

何かしたいけど、まだ小学生で、動けることには限界があるので、

できないこともあり、まだ自分で気づいていないところがあるから、

お母さんたちを見ていると、言葉にはならないけど、

«嫉妬»という感情を持ってしまうのよね。


これは、自己実現していない親のもとでいる子どもの場合は、

ゲームで満足してしまうこともあるのよ。




とのことでした。


私たちは、「ゲームで遊ばせたのがいけなかったのか?」

「これからはどうしたらいいのか?」

ということばかり考えていましたが、

そういうことだったんです。

私たちが気づかない間に、アップルくんは成長していたので、

「自己実現」や、「仕事」のことまで考える時期が来ていたようです。

さすがカウンセラーさんだと思い、凄いな~と思いました合格

聞いてよかった~音譜・・・ですビックリマーク


この話を聞いて、思いあたることがありましたひらめき電球

そう言えば・・・

「お母さんたち楽しそうでいいな~」と言ったことがあったり、

講演会に「ぼくも行きたいビックリマーク」と言ってました。

それに、「早く稼ぎたいビックリマーク」と、よく言ってるんですよね(^_^;)


カウンセラーさんの話を聞いてからは、

そのようにしているのですが、

やはり、アップルくんは、気づき出しているようなんですビックリマーク

‘自分で気づく’ということは、ホントに大切なことですね。


「アップルくんはこうなのよ」「こうしたらいいのよ」と、

絶対に口を滑らせないように気をつけながら、

大きなひとりごとを言ったり、

作り手側の思いまで考えてみれるように、

私がひとりごとで言っていると、

アップルくんも言い出してきています。

凄いものですね。


アップルくんは、折り紙が好きなので、

その折り紙のことでいい情報があり、

私たちも、「これやってみる?」とは言わないで、

アップルくんに情報提供をしているところです。


少しずつですが、

アップルくんの心の中が自己実現へと進んでいる感覚を私も感じていますニコニコ


そんなことで、ゲームのおかげで、

精神的なクリアができることになりそうです合格


いろいろと相談にのって下さったマイミクさんや、

カウンセラーさんに感謝です。


やっぱり、人の考えには限界があるものですね。

他の人に話してみることは、人の成長にとって必要なことですね。

私も思考回路を広げて、アップルくんに接していきたいと思います晴れ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アップルくんは、この夏にDSを買いました。

子どもたちの中では、だいぶ遅いゲームデビューです。


5才ぐらいに一度、買って欲しいと言われたことがあったのですが、

まずは、人とのコミュニケーションが大切だと思い、

買っていませんでした。


でも、5年生になってから、

友達との会話で、ゲームの話を聞いていると、

やはり、自分もやりたくなったようで、

「なぁ、もういいやろ~」と、話を持ってこられて、

アップルくんは、人とのコミュニケーションはバッチリできるようになったし、

これだけできたら、もう大丈夫だろうと、

クリスマスやお誕生日のプレゼントを前倒しにして、

買うことに決めたんです。


・・・・が、ゲームって、思い通りにいきませんよね。


そのストレスが、今まで見たこと、感じたことのないくらい、

アップルくんに襲ってくるのを見て、

私もplainさんも心を痛めてしまいましたあせる


ゲームにいじめられているんですよねあせる

私たちもそんなアップルくんを見るのは傷つきました汗


よく、「時間を決めてやる」ということを聞きますが、

なかなか時間通りにはいきませんし、

もう少しでセーブできるっていうときに、やめれませんよね。


それに、アップルくんにはそんなプログラムが自分の中にはないので、

ストレスとの葛藤なんです。



日頃は、どちらかというと、思い通りに過ごしているので、

アップルくんにとってゲームの世界は、全く真逆です。


クリアしていく楽しさや、ゲームのあの場面を見たいなどの楽しさは、

感じているのですが、いくらクリアしても、次から次へと続き、

また、違うソフトはたくさんあり、友達との競争もあり、

ストレスが減ることはないので、それはもう大変だったんです。


ゲームソフトを製作している方に、

「どんなゲームなのか?」とか、

「どのように作るられているのか?」など、

私たちには全然わからないことを、いろいろと教えてもらって、

「なるほどな」と、遊びたくなるようにできてるんだなと感心したり、

アップルくんに伝えては、みんなで納得したり・・していたんです。


でも、同じことを繰り返しているアップルくんを見て、

私も辛くて、対応するのもメチャメチャしんどくて、

カウンセラーさんに相談してみました。


そしたら、さすがカウンセラーさんでしたビックリマーク


私たちが思いもよらなかったことに気づかせてくれたんですひらめき電球


~つづく~
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
このニュースを読んで、私は、悲しくなりました。


家族で大切なのは「一緒に食事」が6割…内閣府調査
11月18日18時31分配信 読売新聞

 内閣府は17日、「少子化対策と家族・地域のきずな」に関する意識調査の結果を発表した。家族間で大切にしていることとして約6割の人が「一緒に家で食事をする」を挙げ、一番多かった。

 また、今後大切にしていきたいこととしては「親の面倒をみる」がトップだった。

 意識調査は、政府が今年から11月の第3日曜日を「家族の日」と定めたことに合わせて発表したもので、今回が初めて。今年1~2月、18歳以上の男女4000人を対象に実施し、約2400人(60・2%)から有効回答を得た。

 同居家族がいる人に対し、家族間で大切にしていることを複数回答で尋ねたところ、「一緒に家で食事をする」が59・4%。「家族だんらんの時間を持つ」も50・0%だった。




「一緒に家で食事をする」こと、確かに楽しそうかもしれませんが、

どんな会話をしているか?‥にもよるような気がします。


幸せの形を求めているのでしょうか?


昔、昔なら、「幸せ」というと、

一家団欒っていうイメージがありましたが、

今もあるんですかね?


私はないな~。

全くない。。。



今後大切にしていきたいこととしては「親の面倒をみる」がトップだった。



これも、凄いですね。


「大切にしていきたいことは?」って聞かれても、

私はこういう答えは出てこないかも・・。


みんなと違う私を感じました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
気持ちをわかってもらえないときってありますよね。

子どものすることを
「良い」  「悪い」を基準に教えていると、


人の気持ちを感じることができなくなり、
「良い」か、「悪い」かで、人を判断してしまうようになるそうです。


こういう脳の回路になっていると、
相手が「悪い」場合は、自分は「良い」からいいのかもしれませんが、

自分が「悪い」となった場合、
自己肯定感が低いということから、
人とのコミュニケーションもうまくいかないし、
何もかもが空回りしてしまう場合もあるようです。


その「悪い」というコトが、
その人が持つ「脳の機能」だったらどうなるでしょう。

脳の機能を取り替えることはできないので、
「悪い」まま・・ってことですかはてなマークあせる

私は、こんな思いをするのはイヤです汗
私は「悪く」はないのですから。。。


物事を「良い」「悪い」で判断や表現をすることより、

『その人がどんな気持ちなのか』を

聴いてあげたいし、聴いて欲しいですビックリマーク

自分にバツをつけられるなんてイヤですよね。


行動には「良い」「悪い」はありますが、

気持ちに「良い」「悪い」はないですよね。


して欲しくない行動をされて、

自分が困ったとき、

「困る」気持ちを伝えるだけで充分なんですよね。


子ども自身は、自分がした行動が「良い」か「悪い」かは、

反省させなくてもわかっているんです。


「何度言ったらわかるの?」「もうこんなことはしてはいけません!」

と、何度話したところで、

子どもは気持ちを聴いてもらっていないので、何度でもします。


例えば・・、

もうこれ以上入らないタンスの引き出しに、

服をつめようと、何度やっても、

何時間かかっても入らないのと同じように、


教え、詰め込むことより、引き出してあげることが大切だそうですラブラブ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今年に入ってから、計画を立てていた

森田ゆりさんの講演会
『親と子の一生の安心のために』が、

11/8(木)、無事に終えることができました。
大盛況でしたクラッカー


内容は・・・
ピースオブマインドのHPより
plainさんのブログより

ピースオブマインドのメンバーの人には、

講演会のことをいち早く伝え、6月頃から申し込みをもらっていました。

7月には、各子育てサークルのお母さん方にお伝えできる機会があり、

たくさんの申し込みを頂いていましたラブラブ


そして、今回の講演会は、

聞いて欲しい人に聞いてもらいたかったので、

ご案内の手紙をせっせと書いて送らせて頂いていました。


実際に、学校の先生や、児童相談所の方、CAPの方、

幼稚園、小学校のPTAの方々、警察の方、

子どもに関わるNPO団体、ボランティア団体の方々。


他、国会議員の方々にも声をかけさせて頂いてたのですが、

今ご存じの通り、国会はいろいろと大変なので、

秘書の方が来て下さいました。



また、私たちがジェンダーの勉強をするきっかけになった有名な先生も

来て下さったり、広島の木下あいりちゃんのご遺族を支援されている方も、

かけつけて下さいました。


いろんな方々に、森田ゆりさんのお話を聞いて頂いて、

それぞれに、何かを感じて下さった気持ちを大切にして頂けたらと思います。

そして、実際に活用できることは活用できるといいですよね。

また、お友達や伝えたい人に伝えて欲しいなと思います。





来て頂いた方のお席は、この「折り鶴」を置いてお待ちしていました。

四つ折り鶴


この折り紙は、ネットで購入したのですが、

実は、そのお店の店主さんにとても親切にして頂き、

私もうれしい気持ちになったので、

「実は、私たちは子育て支援のグループをしていて・・、

こんな思いがあり、こんな講演会をするので、そこで使わせて頂くんですよ。」

と、お話したら、後日お電話があり、


「私も、ぜひ何かさせて頂きたいなと思いまして・・、

 参加される皆さんヘ折り紙をプレゼントさせて頂きます。

 よかったら使って下さい。」と、あたたかいお気持ちを頂き、

珍しい綺麗な折り紙をたくさん送って来て下さったんですラブラブ

初めて買ったところだったのですが、

親切にして下さった気持ちが、私を安心させてくれたんだと思います。

そんな私の気持ちが店主さんに伝わって、

「折り紙」という形になったので、

この「折り紙」を大切に使わせて頂きたいと思いました。


今日の講演会の大切なお話を忘れないように、

この折り鶴や折り紙を見ては思い出して欲しいなと思い、

メモをつけて、皆さんに配らせて頂きましたもみじ

折り鶴 千代紙
高級折り紙


マスコミの方にもお世話になり、

今回の講演会の内容を新聞記事にして下さいました。

とても熱心に取材して下さったので、私も凄くうれしかったです音譜


準備の段階では、

チラシを作ってくれたデザイナーさんや、

レジュメを印刷してくれたお店の方などにも親切にしてもらったり、

相談にのってもらったカウンセラーさんや、

当日は来れないので、

応援メッセージをくれたラジオのパーソナリティーの方など、

たくさんの人の気持ちがとてもうれしく思っていました。


そして、最後に、

この講演会ができたのは、plainさんのおかげですビックリマーク

plainさん、ありがとうラブラブ

アップルくんからも適切なアドバイスをもらったり、

手伝ってくれたのでとても助かりました合格

アップルくん、ありがとうラブラブ



しかし、「森田ゆりさんは、凄い人だビックリマーク」と、

改めて思いました合格



plainさんが作ってくれました右下矢印
幕


こんな可愛いチラシでした右下矢印
チラシ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。