夏と言えば・・・!

テーマ:

こんにちは!


毎日、毎日、暑いですね、、、。
猛暑の中、ご通学いただいてます生徒のみなさま、ありがとうございますキラキラ

秋が待ち遠しい花子です!!
この本格的な暑さになるずっと前から「暑い、暑い」と文句を言い続けていた花子ですが、
最近になって、蚊取り線香の匂いをかいだ瞬間、「あぁ、夏だなぁ」と全身で感じました。

これって日本人なんだなぁ~と思った花子は、Apple.kの各国出身の講師たちの「ザ・夏を感じるもの」ってなんだろう?と気になったので聞いてみました。

【William先生(ニュージーランド)】
・Pohutukawa(ポフツゥカワ)の花
Pohutukawaは、ニュージーランドの海岸沿いの地域に生える木で、語源はマオリ語で「霧で
びしょ濡れ」の意。ニュージーランドの夏(12月~1月)に赤いブラシ状の花を咲かせ、ニュージーたちにとっては、日本人にとっての桜のような存在だそうです。クリスマスの頃に咲くので「クリスマスツリー」とも呼ばれ、赤い花から採れるハチミツも有名。

・Pavlova(パヴゥロヴァ)
メレンゲ生地に生クリームとたくさんのフルーツを使った、ニュージーランドの伝統的なケーキ。クリスマスの夏によく食べるんだそうです。おいしそうですね~~!


【Jean先生(フランス)】
・Chipolata sausage(チポラータ ソーセージ)
夏といえばなんと言ってもバーベキュー!だそうで、香料を入れたChipolata sausageという
小さなソーセージや、一緒に飲むロゼ・ワインや、Pastis(フランスのリキュール酒の一種)
といったお酒も夏を感じるそうです!

【Sebastiano先生(イタリア)】
・Granita(グラニータ)
Granitaはシャーベット状の氷菓で、特にミント味やレモン味が夏には人気。
みなさまご存知のGelato(ジェラート)も、イタリア人にとっては欠かせない夏のお菓子です!
(Gelatoはイタリア語で「凍った」の意味なんですね。)

【Fran先生(フランス)】
・テラスで過ごす夕涼み!
夏はだいたい夜10時頃まで明るいので、家庭やレストランのテラスで食事やお酒を楽しむのが夏の風物詩。お酒は、Apero(アペーロ)を楽しむことも多いとか。

【Kim Hyonjun先生(韓国)】
・参鶏湯(サムゲタン)
日本でもおなじみ韓国料理の参鶏湯(サムゲタン)。
鶏肉と高麗人参などの漢方、もち米、くるみ、松の実、ニンニクなどを煮込んだ料理で
滋養がつくということです!食欲の落ちる夏には、家庭やレストランで参鶏湯(サムゲタン)を食べて、たくさん汗をかいてスタミナをつけるそうです!


そのほかの国出身の先生たちからも、まだまだ違う答えがでてきそうです。
今回はやはり、食べ物が多かったですね、、、。

みなさまの、海外での夏のご経験や知識がございましたら、ぜひぜひ花子に教えてください!!
よろしくお願いいたします~~ウインク

アップルkへはこちらより▶▶▶http://www.applek.com/