夏のセール準備を少しずつ始めています


コロナ禍の中

これまでのように決まった時期に

決まったことをするわけにはいきません

準備だけは怠らず…
でも不測の事態にもすぐ対応できるように…

東京本部や他の部署との連携が
今まで以上に重要です




アップルハウスのデニム商品は

製品染めと同じように

縫製した後にもみ洗いしています

 

その後1枚ずつ手作業でハンガーにかけ

天日干しをします

 

 

だから

アップルハウス独特の

柔らかな肌触りと

やさしい風合いが生まれます♪

気づけば今月も残り3日です

 

…といえどもまだ4月

朝晩は冷え込むこともありますが

 

 

染色中の釜周辺はすでに猛暑です

 

 

暑さと戦いながら

ひとつ またひとつ

新しいアップルハウスの生地が生まれていきます

 

アップルハウスの染工場では

その日染める色の染料を

毎朝人の手で調合しています



スプーンで50杯入れる時もあれば

ほんの耳かき1杯の染粉を

長年の経験値で溶かして混ぜ合わせ

アップルカラーは出来上がります


そんな色を生み出す魔法のバケツは

今朝も染場の片隅に置かれています


今流通センターでは夏物と冬物が混在してます

3階では盛夏物が

お店ごとに振り分けられて

今週末の発送を待っています

 

4階は

返品された冬物の

片付けと仕分けに追われています

数字上だけではなく

一枚一枚実際に物を見ながら

売れたアイテムや色の確認をして

売れ筋アイテムの検証をしています

 

これが

私たちの仕事です

 

 

今週から路面店6店舗で開催される

恒例の『のみの市』

 

4月から商品のプライスタグも

総額表示に変更され

先週からタグの付け替えと
準備に追われていましたが
無事に終了…
 

今すぐ着られる初夏物セール品から均一商品

普段お店でお目にかかれない訳あり品まで…

たくさんのアイテムと
華やかなアップルハウスカラーが

お客様をお待ちしています♪

ここ数日初夏のような晴天が続き

会社のそばのサクラも

一気に花ひらきました

「次は私の番よ」と言わんばかりに

つつじも待ちきれないようです

アップルハウスで今まで販売された

数々のマジパンブラウス

 

この色とりどりのマジパンブラウスたちが

50周年記念販売に先立ち

 

直営店で

数量限定で販売されます♪

ここ浜松では冬から春先にかけて

「遠州のからっ風」

と呼ばれる強風が吹きますが

今週はとても穏やかな晴天が続いています

真っ青な空の下では

真っ白な生地がとても映えますね

たっぷりな日差しと心地よい風で

アップルハウスの生地も嬉しそうです

商品管理部では

各シーズンの商品発注数がでると

商品ごとのプライスタグを発行します


パソコンで商品ごとについているコード番号と発注数を入力し

タグ発行機のスイッチを押すと

入力枚数分のプライスタグが発行されます

1シーズンで7000枚〜8000枚

今回は盛夏商品のタグを1日半かけて発行しました


流通センターでのシーズンは

毎回ここからスタートします