9月20日~23日


世間ではシルバーウィークといわれる連休中の3日間。


「体育会系」速読。SRR速読教室




速読教室で得た大きな変化

音譜「何となく速く読めた気がする」から「意識して調節する」へ。


音譜「記憶に残す」読書


音譜目的にあったものを得る



もともと読書は好きで、好きには「文字をよむことが好き」というのも含まれていました。



寺田先生から、「本当に前向きというか楽しそうに取り組んでいたのが印象的」

という言葉をいただいたのも そのあたりが関係しているのかもしれません。





そのため、その本を読む目的があるにも関わらず


「読んだ」ことに満足してしまうあせる


傾向が強かったことに気付きました。



「満足」≠「理解」です。




こうして考えてみると、私の場合「文字を読むことが好き」というわけでもあるのですから

徹底的に本「文字を読む満足度」に拘った読書 というのも面白そうだなとおもいました。



ある理解を求めるのではなく、

文章を味わうのでもなく、


ただ、「文字を読む」


よりコントロール能力が身に付いたら(年明け)

試してみたいです。





まず、「何度読んでもするする抜けていってしまう読書」でなく


必要なところを脳に残せる読書を(今後のトレーニングを含めて)習得していきます。




投資の価値ありでした。


これ、本当に早いうちに身につければ身につけるほどよい。

そう、それ以降が飛躍的に変わる。


と今の時点で確信してます宝石ブルー