ハーブのお店 あぴ〜るauau
    スタッフサクラのブログへようこそハート

ハート  あぴ~るauauってこんなお店
ハート  インスタグラムやっています
ハート  募集中 ハーブと薔薇咲くランチ会(札幌) 2/27

 

 

こんにちは!

あぴ~るauauスタッフ サクラですドキドキ

 

最近お勧めいただいて読んだ本の中で

生き方に迷ったら、その度自分にプレゼントしたいなーと思う本がありました音譜

 

 

 

吉野源三郎さんという作者の

「君たちはどう生きるか」

原作は、80年も前に出版されているそうです。

 

 

この本の中に

子供の頃にもんもんと葛藤していた

「生きるとは何か」の道しるべが記されているなーと感じました。

 


 

 

意識しないとうっかり忘れてしまう、胸の痛い一文が

本の中に書いてありました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

肝心なことは、

世間の目よりも何よりも、

君自身がまず、人間の立派さがどこにあるか、

それを本当に君の魂で知ることだ。

 

(省略)

 

世間には、他人の目に立派に見えるように、見えるようにと

振る舞っている人が、ずいぶんある。

そういう人は、自分がひとの目にどう映るかということを

一番気にするようになって、

本当の自分、

ありのままの自分がどんなものかということを、

つい、お留守にしてしまうものだ。

 

君自身が心から感じたことや、

しみじみと心を動かされたことを、

くれぐれも大切にしなくてはいけない。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

同じ本を読んでも

読む人によってどう感じるかは皆違う。

 

違って当たり前。

 

 

何を「人間の立派さ」と思うかも人それぞれ。

 

 

正解なんてないのだけど、

 

 

自分の感じたことに、なんだか自信がもてなくて

どこかに正解を求たくなったり

 

 

他人に、こう思われたらどうしよう・・・って思うと

本当の自分を表現するのが怖くなったり、

 

 

たまにありませんか?

私はよくあるんですけど・・・(笑)笑い泣き

 

 

むしろ、大人になるにつれて、

本当の自分や自分が心の底からワクワクすることって何かすら、

見失ってしまう時もある。。

 

 

 

自分の生き方を決定できるのは、自分だけ。

何の制限もなく、自由に自分の生き方を選択できるとしたら・・・?

 

 

 

 

 

 

 

そんな時は、この本が

 

 

自分らしい生き方を

全力で謳歌する勇気を思い出させてくれる気がします。

 

 

 

 

 


 

 

ハーブが大好きなあたなに♡

あぴ〜るauauオーナーのハーブティー講座はこちら矢印

■あぴ〜るauau ハーブティーコース 受講生募集中♡
ハーブティーを飲みながら、ハーブティーの効能や特徴を学びます。
精油に関する基礎知識も学べてお仕事に活かしたり、セルフケアに役立ちます。
詳しくはこちらから♡

 

読者登録してね