それでも私は東大に行きたい -2ページ目

それでも私は東大に行きたい

色々事情があり
受験勉強を再スタートする事になりました。

日々の受験勉強のこと、日常のことを書いていきます。

よろしくお願いします。


テーマ:
こんにちは

チョコミントです

最近とあるネットニュースを読みました。

潜在意識について

変わりたいのに変われない理由とは...

私も、皆さんも世の中の全員がこうなりたいって理想をもってると思います。

もっと勉強できるようになりたい、
仕事できるようになりたい、
あとは痩せて洋服着こなしたいとか、
まぁ色々個人個人あると思います。

皆理想をもってるのに、理想を手入れれる人はほんの一握り

それはなぜ?

理由の一つとして、潜在意識の影響らしいです。
(ほかにも意思の強さとか、環境とか、お金とか色々あるかもしれないけど..)

自分が認識できないほど、意識の奥底の無意識が潜在意識ですが、

潜在意識はとにかく変化を嫌うそうです。

今のままの自分を変えないように圧をかけてくる。

自分が確実に変化する事ほど、抵抗を覚えるそう。

そこにも書いてありましたが、
まずはそういうものが働いてると意識する事が大切だと。

意識した上で、

あ、今潜在意識が変わろうとしてるんだなくらいに考えて

行動し続けるしかないそうです。

そうすると、自分の意識がだんだん変わってくるんだとか。

そこで考えたのが、
行動を躊躇してしまう事ほど、今の自分にとって必要な事なのかもしれないなーと

無理やりですが、戸惑ってることを片っぱしからやってしまえと(笑)

良く考えてみることにしました。

例えば自分の場合は、

自分一人で出来ることならば割りとすんなり行動できるが、
人と一緒になってする事に躊躇してしまうなと

例えば、

高校の友達に連絡したり、
東大生に受験勉強の相談したり、
家族に東大受験を宣言したり

もう後にひけないですからね。

躊躇してるってことは自分のなかで、
東大受験はまだ目標になりきれてなくて夢なのかもしれない。

それじゃあ困るから

人を巻き込んでいく事を、やってこうと思います。

勿論、常識の範囲内でだけど

このブログもその一貫かな。

目標の宣言と学習の記録とかを共有する事で、生まれる緊張感もあると思うし。

これから活用していきます。

皆さん、遠慮なくコメントやいいね!お待ちしています。


あとは、なぜ人を巻きこむのが嫌なのか考えてみたら、

結局、失敗して周りにどう思われるのか?を気にしているだけで

他に特別な理由があるわけでもないなと

不安で行動できない謎の気持ちの正体は
可愛い可愛い大切な自分が傷つくのが怖いなんてただの幼稚園児みたいなクソみたいなのでしかないもので

そんなん取るに足らないくっだらないものだなと

今年あと数日、来年、とにかく傷ついてもいいし、他人にどう思われてもかまわないから

とにかく目標に向かってガツガツ動いていきます。

では、また!

皆さん、良いお年を!










Ameba人気のブログ

Amebaトピックス