ゴールデンスランバー | ☆★☆ジュエリーボックス☆★☆

☆★☆ジュエリーボックス☆★☆

なんとなーく過ぎて行く毎日。でも、きっとキラキラした想い出もあるはず♪そんな私の宝物(想い出)をぎっしり詰め込んでます。


テーマ:

連休初日に『ゴールデンスランバー 』の試写会に行って来ました~。
堺雅人主演&原作は伊坂幸太郎なのでかなり気になっていたこの作品。モニター試写会という事で公開より大分前に観る事が出来て嬉しい♪(^o^)

ちなみに公開は来年1/30のようです。


首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の二日間に渡る逃避行の物語。所々学生時代のエピソードが出てきて甘酸っぱい青春映画のようなテイストも醸し出しています。
誰も信じられないような状況の中、それでも「人間の最大の武器は信頼」と言い切り最悪の状況を何とか打開すべくもがく主人公。そしてそんな彼を何とかして助けようと動く昔の恋人や同僚達。


先が見えない展開で、次はどうなるんだろうってハラハラドキドキしながら主人公の逃避行を見守りました。テンポが速くて一気に話に引き込まれたよ。もうね、途中から私も青柳雅春応援団の一人でしたわ(笑)


結末に関してはネタバレ厳禁なので書けませんが、見て損はない!そう胸を張ってオススメ出来る作品です。
堺雅人ファンも、伊坂幸太郎ファンも、全くそういう思い入れのない人も、みんなが楽しめる作品じゃないかな。


逃避行なので劇中堺雅人が走る走る!でも、『蛮幽鬼』で見せた颯爽さはなかった(笑)泥臭さを演出する為にわざとああいった走りをしてたのかもしれないけどね。


ちなみに、この作品で一番光っていたのは多分堺さんではなくて濱田岳演じる黒いパーカーの男だったと思われます。濱田くんの存在感はハンパなかった!!
若干21歳であの演技力は脱帽です。今後注目の俳優さんの一人になりました。


あとね、ちょい役でこれまた大好きな大森南朋さんが見れたのも嬉しかった~。相変わらずスーツ姿渋くてカッコ良かったです(*^-^*)


原作は映画観てから読もうと思って未読にしていたので本日ようやく読破しました。映画はほぼ原作に忠実でしたね。でもって、映画でちょっと謎だなぁというか腑に落ちない点がいくつかあったんだけど、それは原作読んで解決しました。映画→原作の順でやっぱり正解だったな☆(もちろん、原作読んでからでも十分楽しめる仕上がりだと思います)


やっぱり、最終的に頼りになるのは人との絆だなぁって思うと同時に、果たして私に何かあった時こんな風に信頼して手を差し伸べて貰えるような絆を築けているのだろうかって自問自答しちゃいました。
信頼されるに足る人物でいられるよう、襟を正して真っ直ぐ前を向いて歩いて行かなきゃなって思ったよ。別に今までもやましい事してた訳じゃないけどね(笑)


ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎
¥1,680
Amazon.co.jp

apolo5さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス