シネマパラダイスAOYAMA〜46〜 | apish AOYAMA

apish AOYAMA

apish AOYAMAのオフィシャルブログ「アピッシュ青山タブロイド」です!
AOYAMAスタッフが毎日、お店のニュースや美容情報、周辺のオススメなどいろんな情報満載で更新しています!


テーマ:
おはようございます。





お久しぶりのシネマパラダイスのお時間です!













パンク侍、切られて候





























舞台は江戸時代浪人・掛十之進(かかりじゅうのしん)は、仕官の職と報酬欲しさに、恐るべき災いを引き起こすとされる新興宗教団体「腹ふり党」の討伐を説く。黒和藩(くろあえはん)重臣・内藤帯刀(ないとうたてわき)はこれを利用して自分と対立する重臣の失脚を目論むが、教祖が捕縛された腹ふり党は既に解散しており、存在しないことを知る。内藤は偽の腹ふり党をねつ造する計画を企てるが、その結果、黒和藩に阿鼻叫喚の大惨事が訪れる。














    




宮藤官九郎脚本の今作品。






日本映画には珍しいタイプの作品だと思います。









ストーリーは支離滅裂、話の繋がりよりもテンポ良く進むストーリーライン。


と思いきや、最終的には繋がっていたというような作品。


クドカン特有のノリ良い台詞回しと、それを支える豪華絢爛な俳優陣。
























このタイプの作品にここまでするかという注ぎ込み用は一見の価値アリだと思います。







とても楽しい作品ですので是非劇場でご覧ください。



































それでは今回はここまで!









また次回のシネマパラダイスでお会いしましょう!!

apish AOYAMAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります