門司港散策レポート part2・・・門司港発祥のアレ。 | わくわくちんたいらいふ

わくわくちんたいらいふ

アパマンショップ曽根店から素敵な物件情報、お得なキャンペーン情報、ちょっとした地域情報、パッとしないスタッフ近況等をお送りします!


テーマ:
お元気ですか。

門司港発祥と言えば「焼きカレー」が地元では有名なのですが、もう一つあるのが「バナナの叩き売り」です。

わくわくちんたいらいふ-バナナの叩き売り


大正初期くらいから門司港は本州と九州を結ぶ、物流の拠点だったので、その頃輸入が盛んになったバナナもたくさん門司港を通過しました。

そしてその流通の過程で、痛んできたバナナをいち早く売ったのが叩き売りの始まりだそうです。

ちなみにバナナの叩き売りが全国的に有名になったのは「男はつらいよ」の寅さんの影響らしいです。

昔は高価だったバナナも、その後は物流の発展によって値段も下がり、それと同時にバナナの叩き売りも廃れていったようです。

門司港では時々、バナナの叩き売りの実演もやっていて、運が良ければ見ることができます。

そう言えば、門司港には「バナナマン」というキャラクターもいますね。

ではまた。

アパマンショップ曽根店さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス