パタヤ ムエタイ体験

テーマ:

パタヤにいます。


今回は一人旅なので、基本いつもと変わらないんですが更にマイペースで行動してます。


海外で一人旅ならではの楽しみ方です。


午前は朝起きて、朝食をとり部屋に戻って調べものをし、ジムで汗を流し、プールで日光浴し、昼食を軽く食べ、軽く部屋で会社やクライアントとの連絡のやり取りをして夕方からはムエタイのミット打ちで汗をかいて、夕食はお酒を楽しんで散歩をして早めの時間に就寝です。


普段日本にいると飲み会ばかりでジムにはあまり行けないので、日中から汗をかいてかなり気持ちいいです。


健康にも良いですしね。


できれば毎日海外でこの環境でも売り上げをきちんと上げれる仕組みを作るのが今後の目標です。


私の場合、長期間海外にいるとビジネスボケがしてしまうので、長くても滞在は10日以内にしております。  


海外に行ってもどこに行っても普通にビジネスできるようにシステム化するにはまだ時間がかかりそうですね。


今後の課題ですね。今回はムエタイを楽しんでます。


ムエタイ本番のタイ人による有料ミットコーチ

ジム使用時間は1.5時間程で800バ-ツ 日本円で3000円位です。


実際にミットを持ってもらえる時間は休憩入れて30分もないので割高に感じますね。


本場のタイ人コーチの雰囲気ということのサービスの対価だと思えばありでしょう。


安くはないですが、プロのミット指導はかなりの良い体験になります。


皆様もパタヤにいった際にはぜひ!訪れてください。


ここから現地不動産情報の発信です。


2019年パタヤ、コンドミニアム建設ラッシュは落ちついたようです。


建設前から購入資金を集めるプレビルドが多いのですが、メリットとしては完成後にすでに30パーセント程度のキャピタルゲインを望めるとこなどあります。


デメリットとしては資本が集まらず建設が途中で止まってしまい、お金が戻ってこない場合があるようでしす。過去にはそれにはまった投資家もかなりいるようですね。


パタヤの今後の発展の見通しは、2020年完成予定のスワンプナーム空港からの高速鉄道がパタヤまで40分くらいでこれるようになるみたいなので益々人気がでるエリアになりそうです。


現在は車で1時間半もかかるのでこれが開通するとなると、さらに観光客数が伸び、物価もあがり、不動産価格もあがる可能性は充分ありますね。


現在パタヤ中心部から少し離れた郊外では30平米位の新築コンドミニアムが700万円台から買える物件もあるので将来的には面白いかもしれませんね。


東南アジアはカントリーリスクがあり、計画通りにはいかないかもしれませんが、投資額としては高くはないのでチャレンジしてみる価値はあります。



次回大家さん学びの会札幌の情報です。


4月13日は早いもので3周年になります。


勉強会の内容はホームスティ型民泊についてです。


今すぐ自宅から年150万以上のキャッシュフローを生み出す事ができるホストファミリーの魅力です。


家主不在型民泊が主流の中、自宅の空き部屋部分を活用をして収入を得る方法です。


講師はななころさんこと嘉手納知幸さんです。  


きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ皆様ご参加くださいませ。席数は限られております!

申し込み詳細はこちらから!!


https://www.ooya-manabi-sapporo.com


ぜひ!皆様のご参加をお待ちしております。