仙台大家の会 オープンセミナーに参加しました。

早いもので師走に入りました。これから忘年会ラッシュが続きます。一発目は仙台大家の会の大忘年会に参加してきました。

オ-プンセミナーでは年間家賃2億5千万超えのメガ大家さんの講演でした。現在ステ-ジでの不動産賃貸業の進め方、拡大のし方などのお話や、金融機関とのお付き合いの仕方や、固定経費の削減方法です。

共感のできる内容で改めて意欲を向上させてくれる内容でした。

大忘年会でも数々の事業者の方や大家さんと会う事ができ、最近の仙台の賃貸事業などについて情報をいただく事ができました。

私自身も不動産賃貸業の進め方で思うのは、まずはどこまでの規模を目指すか目標設定が必要な事です。

現在のサラリーマンをリタイアする事が
ゴ-ルなのか?そこから先を目指すのか?どこまで進めるかという事が大事なわけです。

大家から始まり不動産業者になり更にそこから拡大しようとする方も多いと思います。

ある程度の規模で安泰させて、拡大をしない方もおります。

最終的には人生も有限なので事業売却や事業継承のお話になってきます。

いつ病気や事故で死ぬかもしれないのである程度の準備は必要なのかもしれませんね。

基本的に賃貸業を始める方は老後資金の構築
、サラリーマンをリタイアする、好きな事ができるように自由な時間とお金を手に入れる。

なるようにしかならないのでしょうが、自分のビジョンが大事なわけです。ビジョンが達成できなくても近づける事は可能です。

私自身は住宅の供給は衣食住の住の部分ですので、生活する上で必ず関わってくる部分なわけで優良な住宅の供給は快適な生活をする方を増やす事に繋がり地域の発展や建設工事の発注などで経済活性にも繋がるわけで、事業者として使命だと思ってます。

小さい会社ではありますが不動産の事ならチョイスと呼ばる位誰もが知る位にはなりたいですね。

話はずれましたがまずはビジョンを持つ事が大事なのです。

賃貸業で言えば税引き後CFをいくらなど具体的な数字目標ができるので設定しやすさはあると思いますね。 

賃貸業での資産形成は現金では限界があります。

金融機関から融資をしてもらい、レバレッジを効かせる事で資産形成を拡大する事ができます。

ですのでビジネスパートナ-としてのお付き合いが大事です。弊社も比較的金融機関さんは積極的に融資をしてくれます。

稟議書に必要と思われる資料作成など基本的にはこれから始めて融資を受ける方へのアドバイスや10億くらいまでの資産形成のプログラムなどはアドバイスする事ができますね。

これだけは言える点があります。金融機関もお金を貸して利息で利益を得る商売です。

貸さないと商売にはなりません。貸したいと思う人間になる為に、現預金を厚くする事は当然大事ですし焦げ付かない信憑性のあるシュミレーションを作成する事は大事です。

セミナーに参加すると新しい知識を得る事や、復習、そして自分のビジョンの再確認に繋がります。

来年度の目標もしっかりマインドセットして実現してゆきたいですね。


今年も残りわずか、充実した日々を送りたいですね。

次回大家さん学びの会札幌の情報です。

12月は忘年会を兼ねて行います。
勉強会の内容は現役大家さんによる体験談になります。

講師は不動産投資のコラムニストとしても活動をしている七光大家さんです。
自らの賃貸経営の失敗談などをお話ししてくれます。失敗をもとに改善し、現在の所有物件は全て満室に!また、自身が不動産相続時に発生した数々のトラブルから学んだ解決策などを伝えてくれます。

きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ皆様ご参加くださいませ。席数は限られております!

申し込み詳細はこちらから!!


https://www.ooya-manabi-sapporo.com


皆様のご参加をお待ちしております。