香港視察してきました。

テーマ:
香港に行ってきました。

約二年ぶりの香港でした。

三日間の滞在でしたがほぼ雨降りでした。
今回の滞在目的は香港の観光客に対する観光施作などを自分が観光客の身になって、発見する為の視察です。

日本ではインバウンドを増やす為に様々な施作を各地域で考えているようです。札幌であれば、外国人向けの外国語の案内看板の設置や、交通機関での乗り放題サ-ビスなどなど色々とでてきてはいるようです。

ざっくりですが日本の年間観光客は2500万人
香港では5500万人です。倍以上の数字ですね。それだけ観光客が集まるには何かがあるわけです。
観光客誘致のアクティビティの充実も大事です。

まだまだ、他国のインバウンド向けサービスを見習わなくてはなりません。

不便と思った事が、サービスに繋がり、商売につながる、これは鉄則です。

今回不便と思った事はまず、とあるエアラインですが飛行機内が寒くてブランケットを用意してほしいとCAに伝えた所、人数分がなく寒い思いをした事です。
lccではないのですが、そんな事もあるのかとビックリです。

次には現地についてのトイレ事情です。まず、基本的にどこも汚いのが基本、そして水の水力が弱くつまりやすいです。

実際に今回もホテルで一回つまらせました。困った事は、外出時にトイレに行きたい時にトイレがある場所がなかなか見つからない、我慢ができずにやもなく立ちションなんて事が数回ありました。
アメリカでは立ちションをし逮捕されそうになった事もあります。

これが大便の場合なら大変です。あるフランチャイズ店舗にトイレに入ったわ良いけど清掃時間と重なり入れないので、外に行って探してくれとも言われました。

その点日本は駅内でも案内看板も沢山あり、個数も比較的多く発見しやすいです。世界各国の公衆トイレマップのウェブサイトなんて作って広告収入なんてのもビジネスになるかもしれませんね。

更に困った事、言葉の問題ですね。

香港は主に中国語と英語が公用語ですが、私のカタコト英語でも対面であればなんとか通用しますが、電話になると、わからない単語がでてくるとその時点で会話がストップします。

最近では通訳マシ-ン  が色々とでてきてますが、電話となるとなかなかマシ-ンでもヒアリングが難しくなるのでそこもクリア-にできればまたビジネスに繋がるでしょう。

次に食べ物事情ですね。これには特に困った事はなかったのですが、物価的には屋台や小さい店舗あたりでもさほど日本と変わらない事です。味的には店によりけりですが東南アジアと同じでパクチーをふんだんに使っている料理店が多かったですね。

料金的には場所により、金額が10倍になるような富裕層向けの飲食店もあり、わからずに入った場合はエライ目にあったかもしれないですね。

札幌では羊の火鍋食べ放題が5000円位であるのに、香港では50000円位の店があったりなど
注意をしなくてはなりません。

最後にホテル事情です。

香港のホテル代はシ-ズンにもよるんでしょうがものすごく高く、一泊二万なんて安い方みたいですね、日本で二万出せばソコソコ良い所に泊まれる場合が多いですが、香港のメインストリートあたりだと二万円位だと12平米位のシングル並の広さのホテルがほとんどです。

ホテルでゆっくり仕事をしたい方やホテルライフを楽しみたいのであれば倍位の宿泊費が必要です。

私みたいにホテルは寝るだけであれば充分だと思いますが、快適に過ごすには倍位のお金は必要なわけです。便利を得る為にはなんでもお金がかかりますね。
 
香港の見所はなんと言っても夜景ですね。九龍島から見る香港島の夜景は最高です。毎日20時から行われるネオンのパフォーマンスは感動ものです。まだ行ったことのない方はぜひ、一度行ってみてくださいませ。

肝心の不動産のお話ですが、ここ数年での香港の不動産価格の変動はほぼ上がりつずけてます。中国の投資マネーの影響らしいですね。
さすが世界一不動産価格が高い都市です。

18平米あたりの中古物件でも5000万円以上する物件ばかりで最初の投下資金はかなりかかるので投資は慎重に行った方が良いですね。

さて大家さん学びの会札幌は
次回は10月13日土曜日です!

実戦成功大家さんによる

不動産投資におけるマネープラン、資金調達の方法

1.最低3棟以上の現物資産の確保
2.数年CFを得ながら、売却益を得る方法
3.年金代わりに長期保有
4.コンビニ用地貸し出しによるCF
5.不動産投資におけるマネープラン、資金調達の方法
6.その他、質疑応答

講師  木俣英文さん

きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ皆様ご参加くださいませ。席数は限られております!

申し込み詳細はこちらから!!


https://www.ooya-manabi-sapporo.com


皆様のご参加をお待ちしております。