八月四日土曜日に







大家さん学びの会札幌

無事開催されました!!

講師の妹尾かずえ先生から
日本とアメリカ不動産投資の違いを詳しく聞かせていただきました。

その中でも何点か面白かった事を報告させていただきます。

1.アメリカは毎年 家賃も上昇し不動産価格が上昇し続けている地域が多い。中には10年で10倍になったような場所もあるようです。

2.大手IT企業の誘致が決まるとそこに大規模な町ができる。  日本では企業が誘致されたからといって中々、町が一つできる程の規模はない。

3.アメリカのインスペクションは家の構造を中
心に行うのではなく、設備を中心に行われるのが特徴で点検項目も大変細かい。日本ではインスペクションがまだまだ浸透してませんが、今後はアメリカのインスペクションを見習い、不動産取り引き後のトラブルを減少させる為や中古住宅流通を活性化させる為に、必衰となる時が近づいてきそうですね。

4.日本は人口減少が進む中、アメリカでは人口増の地域が多いので、今後も不動産価格上昇は見込める。特に大手IT企業が、誘致された場合にはインフラ整備に莫大な資本が入り町が整備されるので、家賃も上がるし、不動産価格も上がる事例がある。良い投資先になりそうです。

5.アメリカの不動産購入資金の融資はノンリコースロ-ン  が多く、物件自体に融資がされるので、仮に残債以下でしか売れなくても、債務が残る事がない。
金利は高めで滞納が70日過ぎるとすぐに債権者に売りだされてしまうようです。

6.ニューヨ-クが高層マンションの規制緩和が入り着工が増えてきているようです。
着工条件として低層階には低所得者層の専門住居部分として賃貸で貸す作りにするのが条件らしいです。マンハッタンに新築マンション家賃10万以下で住めるようなので、抽選が殺到しているようです。

などなど様々なお話しが聞けて今後アメリカ不動産も面白くなるような気がします。

さて大家さん学びの会札幌は
次回は10月13日土曜日です!

実戦成功大家さんによる

不動産投資におけるマネープラン、資金調達の方法

1.最低3棟以上の現物資産の確保
2.数年CFを得ながら、売却益を得る方法
3.年金代わりに長期保有
4.コンビニ用地貸し出しによるCF
5.不動産投資におけるマネープラン、資金調達の方法
6.その他、質疑応答

講師  木俣英文さん

きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ皆様ご参加くださいませ。席数は限られております!

申し込み詳細はこちらから!!


https://www.ooya-manabi-sapporo.com


皆様のご参加をお待ちしております。