弊社CM第五弾を撮影しました。


弊社ではCMは私が役者活動もやっている事もあり、劇場型で作っております。


意外と全国の不動産業者さんや大家さんが見ているようです。

テ-マはセクシー女性に不動産業務になります。 


内容は面白おかしく、パロディ-構成にしているので、中には誤解される方もいるようですが、実際の不動産業務はしっかりやっております。


今回は実際に自社ビルマンションを複数棟持ち、ス-パ-カ-も複数所有するメガ大家さんに出演していただきました。


出演の他にロケ場所やス-パ-カ-も映像に提供していただいたので良い作品に仕上がりそうです。

楽しみにしてください。


撮影の合間の移動中には、最近の融資状況など聞かせていただきました。


既存取り引きがある銀行では、諸経費も含めた総事業費の15パ-セント位の自己資金で融資を行なってくれた金融機関でも最近では自己資金の追加を言われる場合が増えてきたようです。


取り引きのない新規の取り引きは更にハ-ドルが高くなってきているようですね。


新規取り引きが厳しいのであれば、既存取り引き銀行とのお付き合いを大事にする事をオススメします。次の購入時期に備えてやる事は

現預金を増やす、定期預金、定期積金をする。


公共料金等の引き落とし口座に活用する。金融機関の主催する勉強会や交流会に参加してつながりを深めるなど色々あります。

逆に自分がお金を貸す立場になって考えてみると、保全もとれないような得体のしれないとこには貸したくはありませんよね。

信用実績が大事な訳です。

金利交渉がうまくいかずに、他行への借り換えをよく行う方がおりますが、借り換えをした銀行との継続取引は難しくなるでしょう。

金融機関の融資担当者や本部の決定権者も人間です。

持ちつ持たれつの良好な関係は大事ですね。

金融機関がお金を貸したくなるような信用実績を継続的に作る事が大事です。

さて、週末土曜日は洞爺湖に行ってきました。

今年の札幌は雨ばかりで気温も低くく、ようやく暖かくなってきました。

短い夏ですが、後悔しないように楽しんだ方が良さそうですね。

さて、次回大家さん学びの会 札幌は八月4です!!



勉強会はアメリカの不動産取引や不動産投資についてです。


最近では国内の投資用不動産の利回りが低い上、融資が厳しくなる中で海外の不動産投資に目を向ける方も増えてきました。


日本は家賃が築年数と共に下がるのが普通ですが、アメリカでは築年数に関係なく値上がりが期待される国であり、それに伴いキャピタルゲインも得られる不動産投資が可能です。


また、アメリカではインスペクションが必衰であり、これからは日本での不動産取引でも既存住宅流通の活性化の為などインスペクションを行い、不動産取引のトラブルを未然に防ぐ方向へと進んでおります。


今回ではアメリカ不動産の購入までの流れや日本不動産取引との違いなど、

アメリカの主要都市各地で実際に研究をしてきた妹尾かずえ さんに登壇していただきます。


きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ皆様ご参加くださいませ。席数は限られております!

申し込みはこちらから!!


https://www.ooya-manabi-sapporo.com


皆様のご参加をお待ちしております。