関西出張でした。

金曜日から入ったんですが大雨と重なり飛行機は揺れ揺れで少しの恐怖を感じました。

関西空港に到着したのは良かったですが、南海電車以外全て運休、バスも運営を見合わせてる状態でした。

初日は京都入りだったんですが、予定の時刻より大幅に遅れ15時にはついている予定でしたが、到着したのは17時を超えていました。

お客様から売買の依頼を受けた、京都10条駅徒歩6分位の案件でしたが、雨も強く既に暗くなり始めていたので良い写真はとれませんでした。

ゲストハウスとして運営してる物件で年収は6百万程度あるようです。

やり方次第では年収1千万は超える事ができる案件のようですね。

京都も札幌と同じく、作りが碁盤の目のようになっており、メインストリートは4条あたりが栄えております。

ナイトスポットは祇園、河原町、先斗町、木屋町とあるようですが、雨が強く全部は回れず、居酒屋に立てこもり早めに宿に戻りました。

世界の人気観光スポットランキングの上位の町ということもあり、外国人観光客が目立ちました。決済の時にはまた訪れたいですね。

翌日は大阪に戻り、八月4日の大家さん学びの会の札幌のゲスト講師と打ち合わせになりました。

アメリカ不動産の現状について色々お話しを聞かせていただいたんですが、どうゆう地域が値上がりするのかというと、過去の事例では、大手IT企業の誘致先が決まった都市に工場ができると、近隣に住宅ができ、住宅ができると、ショッピングモールができ、インフラも整ってきます。

過去20年の間では不動産価格が10倍以上になった地域もあるようです。

そうゆうような場所を抑えておくと良いのですが、情報が少ないとゴ-ストタウンになるような間違った地域の不動産を購入してしまう可能性も十分あります。

そうならない為にはただしい情報を得る事が必要になりますね。

今日は雨も小雨になり飛行機は飛びそうなので無事札幌に戻れそうです。


さて、次回大家さん学びの会 札幌は八月4です!!



勉強会はアメリカの不動産取引や不動産投資についてです。


最近では国内の投資用不動産の利回りが低い上、融資が厳しくなる中で海外の不動産投資に目を向ける方も増えてきました。


日本は家賃が築年数と共に下がるのが普通ですが、アメリカでは築年数に関係なく値上がりが期待される国であり、それに伴いキャピタルゲインも得られる不動産投資が可能です。


また、アメリカではインスペクションが必衰であり、これからは日本での不動産取引でも既存住宅流通の活性化の為などインスペクションを行い、不動産取引のトラブルを未然に防ぐ方向へと進んでおります。


今回ではアメリカ不動産の購入までの流れや日本不動産取引との違いなど、

アメリカの主要都市各地をまわり実際に研究をしてきた妹尾かずえ さんに登壇していただきます。


きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ皆様ご参加くださいませ。席数は限られております!

申し込みはこちらから!!


http://www.ooya-manabi-sapporo.com


皆様のご参加をお待ちしております。