大家さん学びの会 全国大会

テーマ:

大家さん学びの会全国大会


六月16日土曜日と617日は大家さん学びの会の全国大会でした。


場所は箱根という事もあり、遅刻をしないように前日に横浜入りしました。 


合宿形式のセミナー参加は初かもしれません。


勉強会の内容はこれまでの不動産投資とこれからの不動産投資という内容で、講師はお宝不動産の沢 孝史さんでした。


最初は中古のアパートを一年に一棟ずつ位を買い進めていたようです。


途中からシフトチェンジをして新築不動産に切り替えてきたようですね。


ここ数年では

新築不動産を購入して6年から10年位保有して売却して利益確定をしているようです。


新築は融資がつきやすく、出口の想定がしやすいとこです。


元本は減ってくので、あるタイミングになると残債以上の相場で売れるタイミングがくるわけですね。


私も新築を進める理由は所有した築古の物件はよく壊れるので10-位じゃ全然回らないのが実感してるからです。


18時位まで勉強会で、夜中までは長帳場ですが、得た内容をいかし、人脈の構築や賃貸業の発展と札幌の学びの会の会員の皆様にもしっかりアウトプットしてゆきたいと思います。


夕食会では美味しい食事とお酒を飲みしっかりと情報交換させていただきました。


懇親会は00時近くまで開催でしたが、一足早く風呂に入り就寝させていただきました。


翌日朝は朝食後からIT勉強会で物件のVR撮影の仕方やグ-グルア-スの活用や事業広告の登録の仕方など学ばせていただきました!


物件の写真撮影はある程度こだわらないと入居付けには繋がりません。


360度物件の中身を見渡せるVRは立体感もあり、実際に部屋にいるような感覚になるので入居希望者もイメージはつけやすいと思います。


今は内覧する前にインタ-ネットで部屋探しをする時代です。内覧につながるような部屋にイメージをわかりやすく伝えるのにVR活用するのは今後の主流になりそうですね!!


さて、次回大家さん学びの会 札幌は八月4日です!!



勉強会はアメリカの不動産取引や不動産投資についてです。


最近では国内の投資用不動産の利回りが低い上、融資が厳しくなる中で海外の不動産投資に目を向ける方も増えてきました。


日本は家賃が築年数と共に下がるのが普通ですが、アメリカでは築年数に関係なく値上がりが期待される国であり、それに伴いキャピタルゲインも得られる不動産投資が可能です。


また、アメリカではインスペクションが必衰であり、これからは日本での不動産取引でも既存住宅流通の活性化の為などインスペクションを行い、不動産取引のトラブルを未然に防ぐ方向へと進んでおります。


今回ではアメリカ不動産の購入までの流れや日本不動産取引との違いなど、

アメリカの主要都市各地で実際に研究をしてきた妹尾かずえ さんに登壇していただきます。


きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ皆様ご参加くださいませ。席数は限られております!

申し込みはこちらから!!


https://www.ooya-manabi-sapporo.com


皆様のご参加をお待ちしております。