世界、日本、北海道経済の行方というセミナーに参加してきました。経済エコノミストのお話では2018年間後半からは経済の伸びが減速するようですね。 

2013年のアベノミクスが始まり一時的公共事業が増した部分があり、そのぶん反動で今後は公共投資が減速されてくと予想されているようです。

また2019年には消費税の増税もあり、今期駆け込み需要はあるようですが全般的に経済は減速するとも予想されております。

北海道経済の成長率や下落率は日本全体の動きにも連動してるようですが、上下のブレ幅は日本全体に比べると緩やかなようですね。

アメリカ経済はトランプ減税により、投資や消費が加速され、2019年度前半くらいまでは良いようです。となると来年度には経済の暴落の可能性もあるのか?

不動産価格についてのお話は特にありませんが、公共事業減少、消費税増税による工事発注が減るので建築費は下がる可能性はありです。

そして、円高傾向に為替がブレていくとインバウンド需要も減るのし輸出企業も減益になります。

となると国全体の経済もよくない方向にいくので、不動産も流通しにくくなり、下落方向に行く可能性はありますね。

金融機関の動きも活発なとこも減ってきたのでジワリジワリと不動産価格に響いてきそうですね。

それにしても不動産の購入には大抵な場合は融資が必要です。

そしてこれからはAI.iotの時代です。

金融機関の融資審査もAI化されて行くと人対人のコミュニケ-ションすらあまり重視されずAI審査になるとそもそもの土台にのる可能性が難しくなるかもしれませんね。

自動化されてく世の中、この流れを読んでいかないと新しい形の不動産投資にはついていけないような気もします。

時代の流れについていくのは情報が必要です。常にアンテナを晴らして良い情報を得るようにしましょう。

来月の大家さん学びの会札幌では、融資をテ-マにした勉強会になります。

席が埋まりつつあるので早めの申し込みを。

さて次回の大家さん学びの会札幌の開催は
 六月9日 特別融資セミナーになります。
 
そこで今回は元金融機関の融資担当者による、融資・金融機関情報に特化した
「特別融資セミナー」を開催します!
お申込みはこちら
 
きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ皆様ご参加くださいませ。席数は限られております!
申し込みはこちらから!!


皆様のご参加をお待ちしておりますii

翌日の10日には札幌物件の視察会も行います!!

{16DBB60E-4A18-4E9F-9E36-3D43EE806481}