バンコク不動産視察!!

テーマ:
一年ぶりにタイに行ってきました。

毎年この時期にくるんですが、今の時期、札幌との気温差は35度から40度位あります。
体調を崩しそうになりますね。

私は外の暑さの後の建物内のガンガン冷え切った、エアコンの寒さが苦手です。毎回思いますがタイは賑やかな町です。

毎日がお祭り騒ぎですね。

不動産事情をヒアリングしに現地不動産業者を数件回りました。

他の東南アジア地区と同じく、プレビルド案件が多いようです。

プレビルド案件とは建設前に割引き価格にて購入契約し、建設後に上がった金額で売却益を得るという手法となっております。

ただし、色々と問題があり、建設が完了されない、工事が途中で止まる、竣工後電気が通っていない、デベロッパーが途中で倒産する事などよくあるようです。

信頼する不動産業者探しも大変そうです。日系の不動産業者は沢山ありますが、集金目的だけの会社もあり、お金が集まり次第計画倒産させる会社なども多いようですね。

そう考えると大手が手がけている案件の方が信頼面はあるかもしれませんね。

 タイの不動産は取得税、固定資産税、相続税もかからない為、魅力的ですが、落とし穴は沢山あります。

事前の調査など慎重に行わなくてはなりませんね。

他税金面のメリットです。
  • 家賃収入に対する所得税…10%
  • 譲渡所得…15%
  • 登記費用…2%

日本とは異なる事がたくさんあります。プール付きのコンドミニアムが多いのでメンテナンス費用もかかります。

ガス代と電気代は一緒で、経費としてかかります。故障する時期が早いようです。
修理費用や付け替えのお金は常に用意してくのと現地の業者との繋がりも必要です。

紹介だとボッタクリされる可能性も十分あります。

新築の場合は共益費は1年間まとめて支払うようです。修繕費用は必要な時に一括で支払う場合があるので高額になる場合が多いようですね。

弊社では海外不動産の紹介は可能ですが、自社では所有してない為に中々自信をもっては紹介できません。結局のところは日本の不動産と同じで、自己分析、自己責任なわけです。

弊社では海外不動産の投資の勉強会も不定期で行なっております。それぞれの投資家自身にあった環境や経済ステージがあると思いますので、もし気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。色々な国の不動産投資はアレンジできます。

大家さん学びの会札幌!!

次回は四月14日に沖縄から軍用地投資で成功した健美家コラムニストでもある三浦弘人さんが登壇していただけます。


私も大好きなよく行く沖縄です。寒冷地在住の方は特に沖縄不動産投資に憧れの方も多いのではないでしょうか?

きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ皆様ご参加くださいませ。席数は限られております!
申し込みはこちらから!!

https://www.ooya-manabi-sapporo.com

皆様のご参加をお待ちしております
{02A52959-D0E0-4F20-A65F-AF930ACCA010}

{C97A82EC-128B-471B-B52E-16F16F2A3DDD}

{09267CA5-6DED-483E-AE7A-0E616FDAB981}