札幌は雪まつりが始まり、街は観光客で賑わってます。

飲食店は忙しくなるかというとの一部盛り上がりはあるようですが大体は暇なようです。

全体的に札幌市が活性化してるようですが飲食店経営者に聞くと意外とそうでもないようですね。 

タクシーの運転手にも聞くと毎年雪まつり時期は暇だと言ってました。

ただし、この時期はホテル、宿の稼働率は95パ-セントを超えるようです。  

宿代も4割から5割り増しでもお客様がくるので旅館業社は稼ぎどきですね!

賃貸物件は繁忙期真っ最中で退去入居のラッシュで入れ替わりの時期です。

この時期を逃すと数ヶ月空くことは覚悟しなければなりませんね。

弊社関連で竣工した新築はまだ満室にはなってはいませんが、少しずつ埋まりつつはあります。

なんとか繁忙期で決まってほしいものです。

今年は札幌は雪が少なく例年より過ごしやすい冬とは思いますが、気温は低い気がします。この冬も後二ヶ月くらいの辛抱です!

今年度の気になる不動産状況ですが2018年に入ってからも融資は更に厳しくなってはきてますね。

とある銀行では昨年度春には三億の評価がでていた物件が今季には2億しか評価が伸びないなんてことも現実ありました。  

最近のかぼちゃの馬車のような事件がおきると、他の金融機関も二の舞は踏まずとサブリ-スをする会社には審査が厳しくなるでしょうし、積極性が減る可能性はあります。

特に問題の最中にある銀行は訴訟問題などに発展する可能性は十分にあります。

今回失敗したオ-ナ-さんはまずは少しでも入居率をあげて返済原資を作ることや元本返済を猶予してもらう、利息を下げてもらうなどのリスケは行わなければなりませんね。

今回はシェアハウスが問題になりましたが、通常の賃貸物件でも収支のあわないオ-バ-ロ-ン高金利で無理して買った方は同じような返済難におちいる可能性がでてきます。

最初の収支分析と万が一のリスク回避をよく考えないてから購入しないと大変なことになるので、賃貸業における知識の補充は必要不可欠になりますね。

さて、いよいよ今週です。

満席での勉強会になりそうです。まだ若干座れるとは思います。

大家さん学びの会 札幌は今週2月10日土曜日です。

一部に久々私、川上貴史が不動産投資初級編    誰でもわかる不動産投資の!!講師を務めます。 

不動産業者としてはまだまだの資産規模ですが、賃貸業だけで言えばサラリーマンの方で言えばセミリタイア規模のcfは達成してるとは思います。

2500万から3000万位です。

弊社の場合は賃貸業だけではないので様々な経費がかかるのでそう簡単にはいかないのですが、資産形成のスキ-ムはあります。

ですので、これから賃貸業を始める方や不動産投資に興味ある方には良い時間になるはずです。

二部は三浦リサイクルの三浦社長が急増する独居高齢者、入れる?入れない?遺品整理の現場から見たベストアンサー!

きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ、ぜひ皆様ご参加くださいませ。
申し込みはこちらから!!

https://www.ooya-manabi-sapporo.com

皆様のご参加をお待ちしております
{3EC65E67-CA60-4083-AB3E-2EF0674A6B07}