さて昨日は北海道大家塾に参加してきました!!

第1部は民泊合法化で大家はどうする?
という事で
札幌でトップクラスの民泊運営会社から民泊を初めてから今後の民泊についてのお話がきけました。

民泊事業を成功させるには
宿泊事業の繁忙時期閑散期、これを把握しておかなければなりません。

 参考までに3.4月は札幌は最悪の閑散期、一つの理由は観光客は花見で本州へ

 6.7.8月は本州ほど暑すぎないので札幌良い時期  で繁忙期です。5.9月はその年度により稼働率がよくなる場合もあるようです。

10月は閑散期に入り、11月は嵐のコンサートで忙しくなる日程があり、12月は外国人が休日に入るので増えるようです。

1月はスキ-客などでそこそこで2月は旧正月や雪まつりで繁忙期になるとの話でした。

これから札幌で民泊を始める方は参考にした方がよいですね。

経験上、儲かる民泊はでかい部屋を家族に貸すパターンが儲かるとのお話を聞けました。
とくにファミリー物件ではレンタカーを使用する場合が多いので駐車場があるとこはよいみたいです。

今年から始まる民泊新法の180日規制
札幌は平均稼働率が60パ-セント位なのでダメ-ジは少ないと想定できますが
大阪、東京、沖縄では稼働率が90パ-セント以上なのでダメ-ジはかなり大きくなりそうとのお話を聞けました。

第2部では木造アパートの施工販売会社の成功までの道のりのお話を聞かせていただきました。

もともとは建材販売がメインの会社でしたので、建材費用を安く押さえる事ができるという事で地元大手仲介業者のアパート工事を請け負うようになるがそこの住宅販売部門が、倒産し独自のアパートブランドを立ち上げる。

デザイン性がよく入居率も高いようです。友達にも見せたくなる内装デザインや部屋を広く見せるような作りをするよう心がけてるようですね。

写真やパンフレットを見させていただきましたが、クロスの組み合わせなどかなり工夫しており自社所有の物件にも今後活用したいと思いました。

現在、都市銀行では木造アパートも2級以上であれば30年の融資が組めるとこがでてきてるようです。

劣化対策等級
一級  建築基準法の範囲内
二級 構造が二世代もつ50年から60年  
三級 構造が三世代もつ75年から90年

ネコ賃貸アパートの施工も手がけ、竣工前一ヶ月ですでに決まっているようです。

デザインアイディア、今後の不動産業を行う上で大変参考になる話を沢山きけました。

色々な団体の大家の会に参加する事でも様々な事が勉強になりますね。

来月は大家さん学びの会札幌です。

以下勉強会情報です。

次回大家さん学びの会 札幌は2月10日土曜日です。

一部に久々私、川上貴史が不動産投資初級編    誰でもわかる不動産投資の!!講師を務めます。 

不動産業者としてはまだまだの資産規模ですが、賃貸業だけで言えばサラリーマンの方で言えばセミリタア規模のcfは達成してるとは思います。

2500万から3000万位です。

弊社の場合は賃貸業だけではないので様々な経費がかかるのでそう簡単にはいかないのですが、資産形成のスキ-ムはあります。

ですので、これから賃貸業を始める方や不動産投資に興味ある方には良い時間になるはずです。

二部は三浦リサイクルの三浦社長が急増する独居高齢者、入れる?入れない?遺品整理の現場から見たベストアンサー!

きっと皆様にとって良い時間となるはず!!ぜひ、ぜひ皆様ご参加くださいませ。
申し込みはこちらから!!

https://www.ooya-manabi-sapporo.com

皆様のご参加をお待ちしております。