大家さん学びの会 本部の勉強会に参加しました。

本日の講師は税理士法人の代表者で資産120億で賃貸収入8億5千万の税理士の先生のお話でした。

資産100億越えのギガ大家のお話は中々聞けないもので私自身の向上心をさらに焚き付けてくれる内容となりました。

通常銀行融資の年数はRC47年、鉄骨34年、木造22年という耐用年数の中の残存年数で融資期間をみる金融機関が多いわけですが、関東でもまれに経済的耐用年数で見てくれる金融機関もあるようです。

信用金庫が多いようです。ちなみに経済的耐用年数とはRCで70年、鉄骨34年、木造50年とみるようですので、築古物件でも長期で融資が引けるのでCFのでる物件が購入できるようですね。

また面白いお話しが聞けました。税理士業務開業30周年の中での長く続く会社の特徴と潰れる会社の特徴です。

潰れる会社の特徴は社長が見栄張りなとこが多いようです。

逆に長く続いている会社はどうかというと、社長は質素シビアな方が多いらしいです。

そして今の時代に必要な長く会社をやる為には、才覚、算用、始末、情報、情熱、この5つを備えると事業継続できるのではないかと言われているようです。

また、税理士に必要な物は何かとの事ですが、知識、経験、勘、度胸、情熱が大事という事ですね。

度胸のない税理士が多いようです。税務調査の時に戦えない税理士だと損する可能性がありますね。

などなど色々な事を学べました。情報は大事ですね。


さて、大家さん学びの会 札幌、今年は残すこと後一回!! 来週土曜日になります。

次回大家さん学びの会札幌は12月9日
今回は大家さん学びの会、西山雄一副代表がゲスト講師としてきてくれます。

講演内容は大家業を効率的に進めて行く仕事術になります。 

実際に儲けた不動産投資の方法も特別教えてもらえます。

ぜひ、ぜひ皆様ご参加くださいませ。
申し込みはこちらから!!


AD