北海道大家塾に参加しました!!

テーマ:
北海道大家塾に行きました。

今日の講話は志田塾塾長のお話でした。

不動産関連の各デ-タ分析から読みとく今後の不動産事情などをお話しを聞かせていただけました。

様々な不動産に関連するデ-タ、人口動態、金融庁の動き、為替など過去の実例から読みとくと今後どうなるか?!

現在、日経平均株価が22000円超えの状態です、株価と不動産価格は連動する場合が多く、株高、円安になると日本に海外の投資マネーが流れ込む機会になります。

自然と不動産に投資する企業や投資家も増えます。なぜなら、円安方向に進むと為替効果で日本の不動産も安く買えるからです。

当然外国人の旅行者も増え海外のお金が日本に入り、日本経済は豊かな方に進み、消費が活発化し、インフレに進むわけです。

ただし、それもずっと続くかどうかはわかりません。株価の乱降下も世界金融情勢の変化で十分可能性はあるわけです。

銀行はマイナス金利政策で日銀にお金を置いておくだけでは収益がマイナスになるわけで、融資を伸ばさなくてならない為に銀行も収益をあげるに必死になるわけです。

そこで不動産融資となるわけですが、金融庁から不動産融資に対する過度な融資拡大には警告があるので、最近では前年度に比べ融資額が減っている事実があるわけです。

不動産融資が厳しくなる、買える人が減る、価格が下がる。といった所で現在は価格の天井から下がる方向に行くのではないかのと予測もあります。

ただし、株高円安方向に進むと海外ファンドが大量に物件を買いにくるので、そこでまた不動産価格が上がる可能性もあり。確実に下がるとな言えないわけです。

今後の日銀の政策、為替、株価、の動きを注視して、投資もコントロールをしなくてはならないですね。

さて、大家さん学びの会 札幌、今年は残すこと後一回!!

次回大家さん学びの会札幌は12月9日
今回は大家さん学びの会、西山雄一副代表がゲスト講師としてきてくれます。

講演内容は大家業を効率的に進めて行く仕事術になります。 

ぜひ、ぜひ皆様ご参加くださいませ。
申し込みはこちらから!!

AD