北海道大家塾に参加しました。

テーマ:
昨日は北海道大家塾に参加いたしました。
講師は東京三鷹大家塾の塾長でした。賃貸業の経営についてのお話でした。  

東京の賃貸業事情を色々とお話していただけました。印象に残ったのは、物件の土地と建物の金額の割合が札幌では3対7に対して、東京では真逆の7対3だそうです。
建物の割合が少ないので、償却がなかなか多くとれないので尚更節税を意識した賃貸経営をしなければなりませんね。

賃貸経営の地域特性、知らない地域に物件を購入する場合は色々と調べてから購入しなければなりませんね。 

他にはアパマン経営するにあたり、入居者基準など軸、スタンスについてのお話でした。賃借人が未成年、外国人、高齢者、法人の申し込みが来た場合はそれぞれどう対応するのか?

たしかに誰でも彼でもいれてしまうと、すぐ退去する賃借人であったり、トラブルを起こしたりするなど問題が発生します。

前もって大家さん事体が入居者基準を作り、賃貸の仲介業者に伝えておくと入居者探しをしやすいのとスムーズな入居に繋がるようですね。

優良入居者、家賃も遅れないし長く住んでくれるしクレ-ムもない、中々全戸がそうなるのは難しいですが大家さんとしては理想ですね。

その為には、入居基準を作っておく。そうする事で不良入居者は減らせる事ができ、円滑な賃貸経営ができるかもしれませんね。

不動産業は情報が大事です。

次回、大家さん学びの会札幌では
空室対策の勉強会を行います!!
満室への道!!共に学んでいきましょう!!
次回は10月14日になります。

今回は空室対策セミナー、パ-トナ-企業からのお得情報の発信を行います。
詳細はこちら!https://www.ooya-manabi-sapporo.com
{7604B6A0-98E3-46D0-BCE4-CAD101E8355B}

{313B3BC8-979C-426E-B024-2069FD95D9EC}

{BFBF6224-1DA2-4386-958B-EB5D2AC2F3AF}



AD