この弊社CMのパロディー動画のストーリーは??

考えられるパターンで。


たとえば
父親が亡くなって、子3人で父親名義の不動産を相続した場合、

3人の子供のうち、長女が父親の所有している一軒家で長年同居をしていたとします。

通常の相続割合であれば、子供3人は平等の相続割合で1/3ずつ持ち分での共有となります。

この場合どのように相続財産を分配すればよいのか?

親と同居していた不動産、これは一番もめやすい不動産のパターンの一つでもあります。

長年父と同居で亡き父と暮らしてきた長女は
このまま住みたいという方も多いのです。

売るために引っ越しするとなると長女家族から反対されることでしょう。
しかし、他の相続人である二人の兄弟は
売ってお金に換えて均等に分配しよう!という事になるはずです。

長女が自分だけ父親の面倒をみて、亡くなってから均等に分けようなんて虫が良すぎるわ
と長女の気持ちもあります。

結局 遺産分割協議を行いどうするかを決めなくてはなりません。
姉さんだけの家ではないんだから、早く売って分けたいと他の兄弟は思うはずです。

そういった経緯から相続トラブルになる可能性が行いわけです。

相続人の三人が満場一致しなくては相続が争族になるわけです。

特に相続財産に不動産があるともめやすいので対策が必要になります。

揉める事なくスムーズに相続を終わらせたい、

弊社は弁護士、司法書士、税理士、宅建士、不動産コンサルタントの専門家とのチ-ムワ-クを組んでおります。不動産相続でお困りの事がありましたらぜひ弊社にご相談下さいませ。

来月八月12日には大家さん学びの会で相続に関連する勉強会を行います。将来に備えてしっかり勉強をして知識を高めましょう!

詳細はこちら、http://www.ooya-manabi-sapporo.com



AD