法定相続情報証明制度とは??

テーマ:

相続手続きを簡素化する法定相続情報証明制度平成29年5月29日から実際に運用が開始されました。

 法定相続情報証明制度とは、

現状の相続手続きの際に必要となっている戸籍関係書類による相続関係特定について、より簡易的に相続手続きを進めるために、必要戸籍等書類を法務局に提出して法定相続情報証明書を発行すれば、従来の戸籍等で相続関係を特定していたとこ

{BF0F2118-B524-4FAC-A8E6-632E4071A762}

ろ、再度戸籍の提出をしなくても相続関係を特定、証明する公的書類として法務局の相続登記手続きで使用ができる制度です。

 

現状まだ法務局の手続きでしか使用できないものですが、いずれは金融機関の相続手続きでも使用できるようになるみたいです。

相続手続きで戸籍謄本関係を法務局や金融機関用にその都度取得する必要がなく公的証明書類ですので、相続人の特定や書類審査に時間がかかった金融機関の手続きにおいて、スピーディーに払戻しや口座の名義変更手続きを完了できるようになる予定みたいです。

こちらは司法書士の専門分野となっておりますので詳しい事が聞きたい方などおりましたら。

大家さん学びの会札幌のサポートメンバ-の司法書士が対応します!お気軽にご連絡下さいませ。

次回勉強会は八月12日になります。

勉強会は二部構成で一部が相続、二部が確定測量についてです。

詳細はこちら!

http://www.ooya-manabi-sapporo.com

まで!!


 

AD