半農半X 塩見直紀さんとお会いしてきました。 vol.01 | ベジタブルミー!
2005-06-18 16:41:31

半農半X 塩見直紀さんとお会いしてきました。 vol.01

テーマ:ベジーな人へインタビュー



半農半Xという生き方 」の著者、塩見直紀さんを取材してきました(・∀・)

とても優しい方で、初対面の僕に、色々なコトを聞かせてくれました。

今回もいくつかにわけて、更新していきます。




半農半Xとはなにか


まず簡単に、「半農半X」ということばを説明しておきましょう。


半農半Xとは何か。ひとことでいえば、「半自給的な農業とやりたい仕事を両立させる生き方」となります。


一日の半分を「農」にあて、もう半分を「X」にあてる、

文字からなんとなく、その意味合いはわかると思います。


Xというのは数学の式を思い出してもらえればわかるように「変数」の意味です。

・・・ややこしいですかね、なんでもいれておけるもの、という意味です。


つまりこのXのところには人それぞれの自分のやりたいことが入ります。


 パン屋を営む、

 バンドをする、

 家具を作る、

 本を書く・・、


などなどそれぞれが持ってるXをここにあてはめるのです。


「21世紀における2大問題は、環境問題と、自分問題(=自分探し=自分の天職は何かということ)かなと思っているんです。そういう意味で、半農によって、自分達に適したサイズの食糧を自給し、半Xによって自分たちのよさを発揮する、このライフスタイルをどんどん皆が実践できれば、きっとこの2つの問題も解決できるじゃないか!と思い至ったのです。」


このアイデアが生まれる前に

塩見さんには2つのきっかけがありました。


一つは星川淳さんの著書「半農半著」(農的生活=エコロジカルな暮らしをベースにしながら、執筆で社会にメッセージを送る生き方)との出会い。


もう一つが作家・宮内勝典さんと、詩人・山尾三省さんの対話集「ぼくらの智慧の果てるまで」の中ででてくる「バリ島モデル」。そのことばを説明している箇所を引用してみましょう。



「僕が今ぼんやりと考えているのは、バリ島型の社会です。

バリ島では朝早く水田で働いて、暑い昼は休憩して、

夕方になるとそれぞれが芸術家に変身する。

毎日、村の集会所に集まって、音楽や踊りを練習する。

あるいは、絵画や、彫刻に精魂を傾ける。

そして十日ごとに祭りがやってきて、それぞれの技を披露しあい、

村人たちが集団トランスに入る。

村人一人一人が、農民であり、芸術家であり、神の近くにも行く。

つまり一人一人が実存の実体をまるごとに生きる。

僕はこのバリ島モデルを、人類社会のモデルにすることはできないか、

過去に戻るのではなく、未来社会につなぐことはできないか

暗中模索しているところです。」



半農半著」、

バリ島モデル」。

この2つのキーワードがきっかけとなり、

半農半X」という概念が生まれたのでした。





それでは半農半Xを実践している塩見さんの生活ぶりは

どのようなものなのでしょうか。

次回に続きます。

ap-goriさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります