京都農塾レポ④:自分が食べる野菜は、自分でつくる。それはとても気持ちがよいこと。 | ベジタブルミー!
2005-06-14 10:00:00

京都農塾レポ④:自分が食べる野菜は、自分でつくる。それはとても気持ちがよいこと。

テーマ:ベジタリアンな毎日

京都農塾の倉内さんのお話

有機野菜や、無農薬の野菜など

健康、環境の問題に関して考え出すと、

お店で売ってる野菜が

どこから来たのか気になってきます。


どんなにオーガニック、オーガニックと謳っても

本当にそうかどうかはわからない。

嘘かもしれない可能性があるわけです。


そんなことを考えながら、

参加してきたのが、京都農塾。


京都農塾は農家の方に教えてもらいながら、

自分達の野菜を自分達の手で作る団体。

10~20人ぐらいのとてもアットホームなコミュニティです。


塾長である倉内さんが、こう話していました。


「自分達でイチから作るから、

それはとても大変だし、骨の折れること。

でもそこには嘘がないんです。


自分達の手で種を植え、

自分達の手で水を遣る。

自分達できちんと野菜を育てていく。


出来た野菜に対しての

理解、愛情、そして自信は

誰よりも自分達が一番なんですよね。


だから清清しい気持ちで食べれる。

それがこの農塾の楽しさだと思います。」


健康ブーム、有機野菜ブームに便乗して、

嘘をつく人達もいます。


極論を言えば、それにだまされないようにするには
自分達で作ってみるのが一番。


京都農塾はその機会を提供している
素晴らしい団体でした。


ap-goriさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります