手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
著者: アガサ・クリスティ, 厚木 淳
タイトル: パーカー・パインの事件簿
前回の続き。
ヨン様ファンを「妓生観光」呼ばわりする人がいる。これは何故なのか? 日本人が韓国人を仰ぎ見るなんてありえない、日本人は韓国人を見下すものだ、と脳味噌に彫り込まれてしまってる人(特に中高年、特に男性)がいるというのは容易に想像できますが、しかしそれだけではないでしょう。
ヨン様ファンには、彼よりはるかに年上の女性が数多く存在するためだと思われます。この年齢差では、たとえ夢想の中でさえ、恋仲になることを想定などできまい。すると彼女達の欲望は何なのか。たとえ無自覚にもせよ、若く美しい男を「買っている」のではないか……というところでしょうか?
しかし男はどうか知りませんが、婦女子一般が憧れのスターに抱くときめきは、そういう具体的なものではない気がします。前回取り上げた佐野洋子の本にも、「六十四歳の女に性欲があるかどうか、自分でも判断がつかなかった。無理に掘って掘って掘りまくれば、川底の砂金の一つぶの様なものが見つかるかもしれないが、もしそれを使用せよと云われたら、私はベッカム様のために使用したいとは思わなかった」とありますし。
ポアロやミス・マープルほど有名ではないけど、面白さでは引けを取らないパーカー・パイン。この短編集の第1話は「中年の人妻の事件」です。
柄でもないのに火遊びしたがる夫に疲れ果てた妻に、悩み解決人のパイン氏は1人の美青年を紹介します。着飾って食事やダンスに出かけ、会話を楽しみ、元気を取り戻す彼女。やがて彼女は、彼に高価な贈り物をしようとしますが、そのことで彼を怒らせてしまいます。自分はジゴロだ、でもあなたに出会ったから生まれ変わる。そう誓って彼は去ります。母親の形見だという指輪と、毎年この日に新聞に伝言を載せるという約束を残して。
……という夢のような秘密を彼女は持つことになるわけですが、実はこの別れまでが全部、パイン氏の書いたシナリオなんですね。自分のお洒落のためにお金を使い、美青年に優しくエスコートされて、確かにストレス発散にはなった。しかし、将来にわたって彼女が不幸ではなくなり、アホな夫ごときに心を煩わされなくなるためには、それだけでは不十分。彼との思い出が、本物の「ロマンス」となることが必要だったというわけです。
「女はね、一時の激情なら、ずたずたに引き裂いてしまうし、しかもそこからはなんの利益も得ないものだが、ロマンスなら大切に保存して、末長くながめることができるのだ」
婦女子に必要なのは情事にあらず。ロマンスです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 佐野 洋子
タイトル: 神も仏もありませぬ
ヨン様騒ぎを伝えるニュースは、何故だかどこのテレビ局もよく似てます。「凄い人気ですね」「そうですね」では終わらない。「凄い人気ですね……」と、語尾に「…」がつく感じで、見ていて何だかおかしくなるのだな。
思い起こせば2年前、ベッカム騒ぎの時がそう。どうも日本女性が外国のスターに熱を上げると、必ずイチャモンがつくようです。あの頃目にしたご意見の中には「金髪の白人男性をよしとする植民地根性が嘆かわしい」みたいなのがありましたっけ。ヨン様は同じ東アジアの韓国人、今度は文句なかろうと思ったら、「妓生観光が男女入れ替わっただけではないのか」なんて声が出てきたりして……。何なんだかなあ、もう。
デビッド・ベッカムもペ・ヨンジュンも、笑顔がソフトで、「男が惚れる男の中の男」ってなタイプではない。だもんだから「何であんなのばかりがもてるのか」ということになる。女の好みはわからん、で片付ければいいものを、テキが外国人であるばっかりに、内なるナショナリズムを刺激されて妙な見当違いを言い出してしまうようですね。
そう、見当違いもいいところ。
2年前、当時64歳の佐野洋子は、知識も興味もまるでないままワールドカップの放送を見て、「当然ながら、ベッカム様に驚いた」となります。「私の目はひたすらベッカム様を追うのである。これは私の意志ではない。目玉が勝手に追っているのである」という始末。宿命のライバル韓国に対しても、「アン・ジョンファンと中田と比べると、顔も負けたなあとうっとりアン・ジョンファンに目がいって、パチパチと拍手している」……日本代表サポーターは思わず膝から力が抜けてしまうでしょう。でも、これが婦女子の目というものなのです。
いい男はいい男。ただそれだけ。日本人じゃない? だからどうした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 司馬 遼太郎
タイトル: アームストロング砲
「新選組!」の話、つづく。(おっと、司馬さんの真似)
ドラマを観た後、捉え方が変わったもう一つがこの短編。自分が斬った男の妻に恋してしまった新選組隊士・松原忠司が、彼女と心中するまでに追い詰められていく姿を描いているもので、実に完成度の高い作品だなあと思っていたのです。が。
「新選組!」では、こんな風に描かれました。自分が斬った長州藩士から、持っていた金を妻に届けてくれと頼まれた松原。約束を守って彼女を訪ね、バカ正直に、あなたの夫を斬ったのは自分だと言ってしまって憎まれます。それでも何かにつけて訪ねては面倒を見るうち、彼女も何も言わなくなりますが、決して心を開いた訳ではなかった。新選組内で「人妻に横恋慕して夫を殺した」という噂が立ち始めたある日、松原は彼女に刺され、彼女は、松原を追ってきた斎藤一に斬られる。土方歳三は言う。「女にやられたとは言えまい? こいつは女との仲を俺に咎められて心中したんだ」……
観終わって、うーむと思いました。
私自身が女だから、余計そう思うのでしょうが、こっちの方がいいなあ、と。
小説では、最初は夫の仇だとは知らなかったことになっていますが、同じことです。真実を知らされた時に、夫を殺しておきながら口を拭って言い寄ってきた男に対して、憤りを感じないでいられるものか? 素直に恋人同士として心中したりなんかできるものでしょうか。
考えてみると、司馬作品には余り複雑な性格の女性は出てこないんですよね。バカな女はひたすらバカだし、凛々しい女はひたすら凛々しい。それで作品が損われるまではいかないけれど、今読むとちょっと物足りなかったりもします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 司馬 遼太郎
タイトル: 燃えよ剣 (上巻)
「kansou」さんが取り上げていたので、思わず反応してしまいました。
この作品、主人公は土方歳三ですが、司馬氏は「沖田総司のキャラクターを書けた」という点で特に気に入っていたそうです。
私もこの作品にはめちゃくちゃハマっていたので、「近藤勇=アホ」というイメージがなかなか抜けず、NHKの大河ドラマで新選組をやる、主人公は近藤で……と初めて聞いたときには、大丈夫かと思ってしまったものでした。
しかしドラマもラストスパートに入った今は、「司馬さんってば、ここまで近藤を土方の引き立て役に徹しさせなくったってよかったのに」なんて思っていたりするのだな、これが。
土方の最期は、色んな人が色んな様に書いていますが、やはりこの作品が格好よさでは一番でしょう。いま私の頭の中では、あの最期の台詞は「新選組!」で土方を演じる山本耕史さんの顔と声で聞こえています。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: レジナルド・ヒル, 松下 祥子
タイトル: 死の笑話集
京極夏彦やレジナルド・ヒルというのは困った作家です。とにかく長い。近年とみに長い! しかも困ったことに面白い。いくら長くてもつまらなければ、途中で放り出すか斜め読みすればすむことですが、面白い話はそうはいかない。しかもしかも、彼らのジャンルはミステリで、従って一言一句たりとも読み飛ばしはできない。しかもしかもしかも、犯罪や謎の設定は見事でも小説としての枝葉の部分はお粗末なミステリも多い中、彼らの作品ときたら、実にたっぷりと「読ませる小説」なんですね。
かくて、いったん彼らの新刊を手にしたが最後、読み通すまで中断は不可能。どんなに夜遅くなろうとも……。
前作『死者との対話』の後、また何年も待たされると思っていたら案外早く出てきました、おなじみダルジール警視シリーズ最新刊。何と、前作の続編なんですね。見ようによっては前作・本作合わせて上下巻とも取れます。という訳で、取り上げてはみたものの、うーん、困ったなこりゃ。前作のネタ割りをする訳にはいかないし、詳しいことが書けないじゃないか。あなたがミステリ好きで、『死者との対話』を未読なら、どうか一刻も早くお読みなさい、そして読後の驚きから立ち直れたと思えたら、直ちに本作へとお進み下さい。こう言うにとどめておきましょう。
ところで、シリーズ物に複数の訳者がいる場合、文体のすり合わせなんてのはしないんでしょうか? エドウィン・ディッグウィードの喋り方にどうも違和感が残ります。彼は50過ぎの皮肉屋のインテリなのに、本作の訳文では、ちょっと口調が若々し過ぎるんじゃないでしょうか。彼の初登場作『完璧な絵画』の文章に合わせてほしかったなあ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 河野 啓
タイトル: よみがえる高校
ヤンキー先生こと義家弘介さんで、地元北海道のみならず全国的に知名度アップの北星学園大学付属余市高等学校。この学校のドキュメンタリー番組を10年以上にわたって制作し続けている北海道放送ディレクター氏の本です。河野氏は、キー局TBSのドラマ「ヤンキー母校に帰る」でも脚本に参加していました。
義家先生の著書をはじめ、北星余市高関連の本は何冊も出ていますが、この本はちょっと毛色が変わっています。「北星余市高の本」であるにとどまらず、「取材し続けたTVマンの本」にもなっているんですね。がんばる生徒達を取材し続けるTVマン自身もまた、悪戦苦闘の中で成長しているのがわかる、しかもそれがたくまずして出ているのです。著者自身はたぶん、自分のことなど押し出す気は毛頭なかったはず。でも、自然とにじみ出てしまってるんですね。そのことがかえって、初々しい感動を伝えてくれています。
主人公・義家弘介、狂言回し・河野啓で、誰かドラマかマンガを作ってくれないかなあ、というのが私のひそかな夢。かつてのヤンキーが教師になって母校に戻ってきたとき、10年前の彼を取材していたディレクターが、やっぱりそこにいるのです。これがラストシーン。どうですか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 小松 左京
タイトル: 旅する女―女シリーズ完全版
男性作家が描く、男性から見て「魅力的な」「いとおしい」「いじらしい」女性たち。それも、芸者、お妾さんなど、昨今あんまりヒロインには採用されない境遇の女性たちばかりです。とくれば皆さん予想されるように、濡れ場もたっぷり入ってます。
という説明をすると、いかにも男の勝手な願望満載の、情痴小説みたいに聞こえますよね。ところがそうじゃないんですよ。
日陰の女や幸薄い女、業を背負った女ばっかり登場するのに、湿っぽい感じは全然しない。それどころか、文章の印象はむしろ爽やか。「湖畔の女」なら早春の凛冽な空気と梅の香り、小鮎の木の芽炊きのほろ苦い味。「歌う女」のレストランのたたずまい……。各編の背景に登場するのは、淫猥な感じなどみじんもないものばかり。それが描写力を惜しむことなく、これでもかとばかりに書き尽くされています。その中に立つヒロイン達は、女の目から見ても素直に可憐で哀れ深いのです。
これぞ、プロの書く小説です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: TONO, うぐいす みつる
タイトル: おれたちの葬式本
タイトル通りお葬式の話なんですが、誰の葬式かというと、これが何と作者姉妹の父親。急病・急死から通夜・葬儀を何とかやり遂げるまでのてんやわんやが書かれてます。
エッセイタイプのマンガは数々ありますが、この姉妹の作品はどれも出色。飼い猫を愛してやまない、けれど飼い主が猫に依存することのない『しましまえぶりでぃ』のように、アダルトビデオやヌード雑誌の感想なんかを書きながら、男性が期待するような“H”は全くない『けしからぬ話』のように、この本も、こんなテーマでありながら、湿っぽい印象は全然なく、実にからりとしてるんですね。
特筆すべきは、他県から自分の経営する病院を放り出して駆けつけてきた伯父さん(つまり父親の兄)二人の描かれ方。亡くなる前から葬式を仕切り、そのやり方は作者姉妹にとってちょっとムカつくところもあったりしながら、しかし二人が弟をとにかく愛していたという一点がしっかり捉えられているのです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。