闘病記を書く理由

テーマ:
以前緩和ケア研修を受けていた時の講義の中で、
闘病記


の講義がありました。


医療者が病気の人やご家族の本当の気持ちを理解するためには闘病記を読みなさい。
という教えでした。


闘病記の中には本音が語られています。
病気によって受けた衝撃、苦悩、悲しみ、悔しさ、絶望、そして希望。



{0B4E503E-90E4-4492-B95A-E2B23DEB9F93}




今の時代では、ブログという手段があります。
このブログでも、ジャンル設定の中に新たに闘病日記という項目が増えたことは、それだけ多くのリクエストがあったのだろうと推測します。



小林麻央さんもブログという手段で多くの人に発信していました。
その小林麻央さんのことを書いておられた、門林道子さんは、緩和ケア研修の時の闘病記の講義をしていただいた講師でした。


{2F7D0E34-C4D6-4FDB-9382-2FD86B415A65}




そう、はじめは人に伝えたい!何かを残したい!
誰かのためになりたい!
などと思い、闘病記を書き始めるのではないだろうか。
しかし、書いているうちに自分自身の内面の気持ちに気づき、気持ちを少しずつ整理していけることに気づくのではないだろうか。



私は、自分が癌と言われた時、治療していた時、
入院していた時、ブログは書いてなかったし、読んでもいなかった。
何故書き始めたかは、単に暇だったてへぺろ

暇という時間はろくなことがない。
当時、退院し、家で毎日1人で過ごしていた私は足は麻痺していて、髪も抜けており、尿道にはバルンカテーテルが入っていた。点滴台にウロバッグをぶら下げほぼ寝たきりだった。
精神的にも不安定な時期で、誰か!助けて!
と孤独で危機感さえ感じていた。


そんな時にはまったブログ。
誰か私と同じような人はいないか?試しに検索していくうちにたくさんの人の闘病記があることに気づいた。


私はその時の精神状態をなんとかするためにも子宮頚がん発覚から入院、治療、そして合併症、後遺症までをはじめから思い出し、少しずつ書いてみようという気になった。

書いていくうちに、癌発覚から、自分の気持ちをずっと閉じ込めていた自分に気づいてきた。
無意識に我慢していた自分に。
無意識に前向きぶっていた自分に。
作り笑顔をしていた自分に。




ここでは、日々の日記ぐらいに自己満足に始めたブログおねがい
こんな一般人のつまらない闘病記、誰も見てくれなくていい、自分自身のために書こう。そう思っていました。

毎日いいねをしてくれる人が少しずつ増えていきました。自分の気持ちを吐き出したことに誰かが反応してくれる。こんなに嬉しいことはありません。そして、優しい温かいコメントをくれる人がいる。世の中捨てたもんじゃないと思いました。
そんな優しい心に、私の孤独感は薄れてきました。仲間がいる。同じように病気と闘っている仲間がいる!と。


そして励まし、応援してくれる人がいる!
心から嬉しい気持ちでした。

勇気を出して闘病記を書き始めたことで、私は明るさを笑顔を取り戻していました。


私ははじめから人のためにとか、誰かを励ますためになんて大それたことは思っていませんでした。ただ、ただ誰か私を助けて!のSOSだったのです。

これが私が闘病記を書く理由


ここのブログが私を見事に救ってくれました。
本当にいつも見守ってくださる皆様に感謝いたします。
私も微力ですが皆様の応援をさせ続けてくださいおねがい


今日のがてん弁当ですラブ



{F74A444D-C059-488B-B651-67DD32B39A0F}






にほんブログ村 病気ブログ 子宮頸がんへ
にほんブログ村