こんにちは

青山めかぶと申します

 

凹凸兄弟のことや発達障害当事者である自身のことを綴っています照れ

 

 

はじめましての方 

プロフィールはこちらです→★

 

 

 

「足のはたらきと子どもの成長」

 近藤四郎著 /築地書館

 

を読みました

 

この本、栗本啓司先生が著書のあとがきで

“こういう本を読んできました”に書かれていて

ずっと読んでみたかった本です

先日図書館に行き、検索したらありました

 

「書庫」に (笑)笑い泣き

 

見たら発刊が1981年ですっておいで

私が3歳の時です(歳がバレますね)

 

 

その37年前の本ですが下記のことがしっかり書いていました

 

・ハイハイをしっかりしたほうが良いこと

・無理に歩行器などで歩かせないこと

・ハイハイしない子は足の親指がうまく使えていない

・はだしで凹凸や傾斜の道を歩くことがとても良い

・足裏は運動器官であり感覚器官である

・足裏から伝わった感覚が中枢神経に伝わり

 大脳運動野に伝わること

・自閉症児には左右動をせずに立つ子が多い

・四つんばいでやる雑巾がけが良いこと

・親が一緒に楽しんであそぶこと

 

・昔は走るときは足袋だったこと

 

…そして行田(埼玉県)は足袋の生産が有名でしたが最近は廃れてきましたと書いてありました。

これ、ドラマ「陸王」のまさにそれですね。陸王のランニングシューズも足袋の技術から派生したもので、ミッドフット着地をするのにとても大切な足の動きをするものでした。つまり足袋は足に良い

 

 

話がそれました…ニヒヒアセアセ

 

 

・近い未来、足を使わない目と手だけで動く自動車になったら人間だめになるとか(むしろ事故が増えるとか)

 ・足の親指のふんばりが大事とか

・足半(あしなか)が良いとか

(↓おもわず検索してしまいました)

 

 

 

 

 

37年前とは思えない、

今、手直しして再出版しても良いんでないでしょうかという内容です

 


古い本ですがぜひ図書館などで読んでみてくださいニヒヒ

ただ、約40年前の印刷技術ですので、今のようにパソコンで作れるものではなかったのでしょう、今の書籍に慣れていた私にとって、フォントとか見出しとか…読みずらい部分もありましたてへぺろ

 

 

 ちなみに

長男が外反扁平足で医療用インソールを入れています足

長男は赤ちゃんの時

・ハイハイをしませんでした

・かかとがとび出た形をしていました

・入学したときランドセルが背負えませんでした

→なんとか背負おうとして変なところに力が入り歪んでいました

 

本に書かれていたまさにそれでした。

なかなか裸足で野山を駆け回ることはできないですが

今からでもハイハイを取り入れた遊びや ひねる動きを取り入れようと思います。

本当に足は大事、足の動きは大事なんだと知ることができました

 

 

上矢印数年前、ミサトっこサンダルを買いましたが

長男は「ダサイ」と言って履いてくれませんでしたゲッソリ(今は私が履いています。)

小学生男子が履けるようなおしゃれな草履が販売されないかな~

 

 

 

お読みいただきありがとうございました

 

 

 


にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

 
人気ブログランキング