一衣帯水 | 倍音発声法と虚無僧尺八と精神世界 青山雅明のブログ

倍音発声法と虚無僧尺八と精神世界 青山雅明のブログ

トゥバ共和国に伝わる倍音歌唱法ホーメイや日本古来の尺八(法竹)の演奏をベースに活動中!
東京都町田市で呼吸と潜在意識を活用したHolistic Art Center Tulsiを運営しております。


テーマ:

12月18日(火)15時より日中友好会館で行われる、日中芸術展のオープニングで法竹(虚無僧尺八)を吹かせて頂くこととなりました。
 
 
尺八は奈良時代に雅楽の楽器として唐の時代に中国より渡来した「古代尺八」が始まりと伝えられています。
(※現在では雅楽で尺八は演奏されていません。)
 
 
中国より伝わった淡竹で出来た(古代尺八)は表に5つ裏に1つ合計6孔の孔があり、日本で独自の発展を遂げて真竹で5孔の尺八になって行ったそうです。
 
  
法竹(虚無僧尺八)、竹の音色を通じて日本と中国のつながりを表せたら幸いです。

展覧会は
18日から21日まで 10:00~17:00 
(初日は13:00から。最終日は15:00までになります)
飯田橋 日中友好会館にて

18日15時からオープニングがあります。
どなたでも参加できるので、ご興味のある方は是非いらしてください。

 

日中友好会館

http://www.jcfc.or.jp/

 

 

一衣帯水(いちいたいすい)とは、まるで1枚の帯のようにとても細くそして長い川、あるいは海峡のことです。 一は1つの、衣帯は着物の帯のことで、水とはこの言葉では長い川や海のことを指します。

青山雅明さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス