七五三 | 倍音発声法と虚無僧尺八と精神世界 青山雅明のブログ

倍音発声法と虚無僧尺八と精神世界 青山雅明のブログ

トゥバ共和国に伝わる倍音歌唱法ホーメイや日本古来の尺八(法竹)の演奏をベースに活動中!
東京都町田市で呼吸と潜在意識を活用したHolistic Art Center Tulsiを運営しております。


テーマ:
七五三に行って来ました。

息子も早いもので5歳です。

男の子は5歳になると「袴の儀」という儀式をします。
室町時代までは9歳の時にやっていたそうですが、江戸末期からは男子は5歳、女子は7歳になるとおこなわれます。

一説によると、徳川家光が病弱な息子の綱吉の健康を11月15日にご祈祷するとすくすく元気に育ったことから、その近辺に定められたそうです。


昔は今のように医療が発達していなかったため幼子の死亡率が高く、7歳までは「神の子」という扱いでした。



袴をはいて上機嫌かと思えば、ギャン泣きで駄々をこねたり感情むき出しの息子。
魂全開で愛おしいですな。





青山雅明さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス