花屋さんにはいきたいけれど… | 青山花セラピスト

花屋さんにはいきたいけれど…

国際花と緑のセラピー協議会

理事長の青山克子です



気が向くと花屋さんに行く私ブーケ1



「気が向いたら」なので


とくに用はない


けど、でも…


とりあえず


行ってみたいのです走る人


青山花セラピスト


青「こんにちは。

  お花見せてくださーい^^」


店「用途は?お値段は?」


青「あー…プ、プレゼントで…^^;」


店「誰に?どんな用途ですか?

  誕生日とか?」


青「あっ…日ごろのお礼に…^^;」


店「………そうですか~。。」



こんな会話になりがち汗


そうすると…


「ここは用が無いと来ては


いけない花屋」


となってしまう。



花を見る間もなく


用件を聞かれて面喰っちゃう…



花を楽しんで選ぶ前に


目的と金額を聞かれてしまう…


結論を迫られているようで


落ち着かない



誰かにお花を贈りたい気持ち


を感じる間もなくどこまでも用件を


聞かれる…



そして、「日ごろのお礼にお花を」


という思いを


どうも分かってもらえてなさそう…


誕生日とかじゃないと


花を贈っちゃダメなの



花屋さんには


いつも、とても


行きたいのだけれど


きっと、みんな


そうなんだろうけど


自然にそうなれないのは


どうしてなんだろう?



ココロが疲れたら


ちょっと立ち寄れるオアシスでいい



きっと、


誰もが求めている場所ブーケ2



国際花と緑のセラピー協議会

理事長の青山克子でした