必ず乗り越える事ができる! | それいけ!青伸ホーム!!
新型コロナウイルスに関する情報について

それいけ!青伸ホーム!!

青伸( あおしん )ホームが提供致します、不動産情報の紹介と様々な情報を発信していきます!

7月10日、今日の京都市左京区は雨時々曇り。

雨の中、宅配便が届きました。
箱には「ワレモノ」の文字が。

何だろう?と思い、もう一度箱をよく見ると、
そこに書かれていた文字は「ワレモノ」ではなく「レアモノ」輸送中でした。

なかみは、1ヶ月ほど前に予約していた
「焼き立てパンも美味しく切れるコードレスの電動肉&パン切り包丁」だったのですが、
パッと読むと、見慣れた聞き慣れた言葉に間違って読んだりしてしまうものですね。笑

似たような現象で、昔、最初と最後の文字以外の順番が入れ替わっても、
人は正しく読めてしまう、ってことでこんな文章が流行りましたねぇ。↓↓

「この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の 
けゅきんう の けっか にんんげは もじ を にしんき する とき 
その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば 
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる 
という けゅきんう に もづいとて わざと もじの じんばゅん を 
いかれえて あまりす」

今改めて読んでみると、
「いやいや、騙されへんで。読みにくいで」って単語もありますが、
たしかに読めてしまいます。

読み間違えといえば、「コロナ禍」

テレビからも連日「コロナ禍(ころなか)」という言葉が流れているので、
おそらくほとんどの人が読めると思いますが、
この「禍」という漢字を「渦(うず)」という字だと思っている人が多いという話も聞きます。
よく似た漢字で、両方とも(か)と読める上に、
確かにこの現状はコロナという渦(うず)に巻き込まれているような感じでもあるので、
イメージ的には分からなくもないですよね。

このコロナ禍の禍(か)という字。
この漢字は「わざわい」という意味を持っていて、
前漢の時代に武帝の命令で司馬遷によって書かれた史記の中でも
「禍を転じて福と為す」と、「災い」ではなくこの「禍」の文字が使われています。

「禍」には、天災などの防ぎようのない「災い」と違い、
「人の努力によって防ぐことができる」という意味があります。

だからこそだからこそ、
コロナウィルスという脅威は必ず乗り越える事ができる!!!
という意味を込めて、ニュースでは使われているんでしょうね♪


___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本日の新物件情報です。⇒https://aoshin-home.jp/search/area.html


売土地  京都市左京区一乗寺出口町  8850万円

収益物件 京都市左京区田中西大久保町
     京都グランデⅠ番館     8380万円

中古戸建 京都市左京区岡崎法勝寺町  3280万円    

中古戸建 京都市北区衣笠開キ町    1700万円

売土地  京都市北区紫竹栗栖町2号地/全5区画 2100万円

中古戸建 京都市北区上賀茂西後藤町  1580万円

中古戸建 京都市左京区松ヶ崎呼返町  4580万円    

    

本日の価格変更です。⇒https://aoshin-home.jp/search/area.html


中古マンション パーク・ハイム紫竹402号
     京都市北区紫竹北大門町     2180万円    

中古戸建 京都市北区等持院北町      1488万円

 

 

詳しくは青伸ホームまで


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホームにお任せ下さい。


【 無料 メールマガジン 】 毎日の新物件情報を随時掲載しております。

⇒ 京都の不動産は青伸ホームへ

メールマガジンの解除はこちらから ⇒ 解除


新築一戸建てをお探しのお客様:青伸ホーム|新築一戸建てへ

 

中古住宅をお探しのお客様:青伸ホーム|中古住宅へ

 

中古マンションをお探しのお客様:青伸ホーム|中古マンションへ

 

土地をお探しのお客様:青伸ホーム|土地へ

 

ペットが飼えるマンションをお探しのお客様:青伸ホーム|ペットマンションへ

 

京都市左京区・上京区・北区の不動産のことなら青伸ホームへ!

 

京都市 不動産総合サイト 青伸(あおしん)ホーム

 

ホーム | 青伸(あおしん)ホーム | 京都市左京区不動産


< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >

 

< はてなブログ:それいけ!青伸ホーム!! >

 

< 青伸ホーム:Twitter >

 

< 青伸ホーム:Facebookファンページ >

 

< 青伸ホーム:Google+ページ >