まぶしいっ! | それいけ!青伸ホーム!!

それいけ!青伸ホーム!!

青伸( あおしん )ホームが提供致します、不動産情報の紹介と様々な情報を発信していきます!

3月29日、今日の京都市左京区は曇り時々晴れ。
夕方、西に向かって車を走らせていたのですが、夕日の眩しいこと眩しいこと!
(@_@)
最近めっきり日が長くなってきましたが、今日の西日もとても長かったです。笑

こんな日は、車用の偏光サングラスをサッと取り出せるところに置いておかないと・・・
と思うのですが、
ずーーーっと西へ西へと向かうわけでも無く、
右折や左折もするので、眩しいのも一時的なもの・・・と、
目を細め、なんとかサンバイザーで乗り切ってしまいます。


サングラスといえば、お洒落な人か西洋の人、っていうイメージがあるのですが、
そのルーツはなんと中国にあるそうですよ。


15世紀の明の時代、裁判官が使った黒眼鏡が、サングラスのはじまりとされています。

これは裁判中、裁判官が証拠の真偽などをどのように判断しているのか、
目の動きから相手に悟られないようにかけられていたそうです。

ただ、サングラスといっても、石英のレンズをいぶし、黒いススをつけたものでした。

今の用途と同様のサングラスが誕生したのは、
アメリカ陸軍航空隊のマクレディ中尉が1923年に
北米大陸無着陸横断飛行に成功したことがきっかけなんだそうです。

それまでにも、風除けや色付き眼鏡としてのゴーグルは有りましたが、
飛行時に太陽光線に起因する眼球疲労と視力低下、
頭痛、吐き気といった飛行による弊害を取り除くため、
帰還後、光学メーカーのボシュロム社に、パイロット用アイウェアの開発を依頼しました。



開発は困難を極めましたが、
1929年、6年越しにパイロット用アイウェアが完成しました。

これが、「レイバン・グリーン」として有名な
緑色のレンズとボシュロム社オリジナルデザインの
「ティアドロップ・シェイプ」だったのです。

翌年にはアメリカ合衆国陸軍航空隊がこれを正式採用したのです。


パイロットのシンボルともいえる
あのカッコいいサングラス姿には、こんな歴史があったのですねー♪

___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日の新物件情報です。⇒https://aoshin-home.jp/search/area.html



新築戸建 京都市北区大宮北椿原町1号地/全4区画  4380万円    

中古戸建 京都市上京区東桜町        5180万円

新築戸建 京都市北区上賀茂深泥池町1号地  3880万円

新築戸建 京都市北区大宮北山ノ前町    3880万円    

新築戸建 京都市北区大宮薬師山東町1号地/全3区画  4180万円



本日の価格変更です。⇒https://aoshin-home.jp/search/area.html



売土地  京都市北区小山東大野町    4380万円    

中古戸建 京都市上京区真倉町      6180万円    

中古マンション ヴィラ・ビアンカⅡ205号室
     京都市上京区西町        780万円

中古戸建 京都市北区紫竹下園生町    1000万円

 

詳しくは青伸ホームまで


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホームにお任せ下さい。


【 無料 メールマガジン 】 毎日の新物件情報を随時掲載しております。

⇒ 京都の不動産は青伸ホームへ

メールマガジンの解除はこちらから ⇒ 解除


新築一戸建てをお探しのお客様:青伸ホーム|新築一戸建てへ

 

中古住宅をお探しのお客様:青伸ホーム|中古住宅へ

 

中古マンションをお探しのお客様:青伸ホーム|中古マンションへ

 

土地をお探しのお客様:青伸ホーム|土地へ

 

ペットが飼えるマンションをお探しのお客様:青伸ホーム|ペットマンションへ

 

京都市左京区・上京区・北区の不動産のことなら青伸ホームへ!

 

京都市 不動産総合サイト 青伸(あおしん)ホーム

 

ホーム | 青伸(あおしん)ホーム | 京都市左京区不動産


< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >

 

< はてなブログ:それいけ!青伸ホーム!! >

 

< 青伸ホーム:Twitter >

 

< 青伸ホーム:Facebookファンページ >

 

< 青伸ホーム:Google+ページ >