2015-06-08 03:28:21

1/72MMK外伝「はしご車」の正体 & フィギュアの塗り方

テーマ:ミリタリー
お早う御座います。

高橋です。


1/72MMK外伝。沢山のコメント有難う御座います!

少しずつですがキットと実車の魅力についてお伝えします。

【1/72MMK外伝ワーキングビークル】

先週の告知ではかなり反響を頂きましたMMK外伝です。

 

 

 

今回は2点のうちの一つ先ずは、「はしご車」の概要を簡単にですがご紹介です。

 

今日初めて車両の画像と、どの車両なのかを発表です!



はしご車は「大津市消防局の車両」をモデル化させて頂きます。

 

商品名は”暫定”ですが「はしご付き消防車(大津市消防局)」

 

とする予定です(あくまで予定です)

 

何故、この車両をプラモ化なのか!?ですがこれは

 

73セミトレのキャビン周りのパーツをある程度使う事前提なのでこれが同じ物である事。

 

・はしご付き消防車として基本的な構成(誰が見てもシックリ来る)事。

 

・ポンプ部やホースが露出している事(シャッター式よりもメカメカしくて模型栄えするんです!)

 

これがこの車両に決めた理由です。

 


↑露出したホースやメーター類が模型としての見栄えと情報量をUPさせるのです。


消防車は同じ物が無いのでこの条件に合うものを日本中探しました。かなり大変でした^^;。

けど、大津の消防局、署の方々のご協力で素晴らしい取材が出来ました。やはり消防に勤めようとする人は献身的と言うか清々しい方が多いですな(実感)有難う御座いました!

今後はこのはしごともう一つのポンプ車の実車とプラモの情報を少しずつご紹介していきますね!

次はポンプ車の概要がご紹介出来るかな? 



【キットについて】

キットの仕様は現在の段階ですが

・ハシゴ、カゴは伸縮可動!。と言うかそういう設計です。動かないとかこのシリーズのコンセプト的には納得行かない所。

ただ、仕組み的に相当難しいので”実際どこまでリアルさと並行して可動を追い込めるか”と言う話になるので今はこの程度のコメントになりますm(u_u)m



↑はしご車のパーツ(イメージ)泣きそうなボリュームw

でもPAC3同様こんだけあっても割と作りやすいですよ。

そして”安い”と感じてもらえる様に頑張ります。消防車は沢山の人に手にとって

もらいたい題材なのでこの辺は頑張ります。



つづく。

 

*画像は転載禁止です。

*今回特別な許可を得て取材をさせて頂きました。通常無許可での取材、見学は出来ません。


【1/72MMKシリーズNo11.12】

今回は塗装についてです。

スケール問わず意外とフィギュアの塗装苦手と言う方多いみたいですね。

私高橋はこの仕事をやってる以上塗装もある程度出来ます。プロモデラーです←。

プラモデルは自由な世界です。決まった作り方塗り方はありません。
”難しく考えなくてOK”と、言う事をお伝えしたいので今回はなるべく「簡単な材料で」「簡単に」1/72人形を塗れるやり方を簡単にw説明させて頂きます。

*本当はYOUTUBEにUPさせようとしてましたが編集する時間が取れず
(出来ず)出来ませんでしたなので簡単にブログでm(u_u)m
*骨董品デジカメで撮影したので非常に見難いですがご容赦下さい。





↑最初に。迷彩を塗装する際は筆で一つ一つ色を塗っていく事が多いかなと思いますが、気が遠くなるのと、最近の迷彩はACUだのマルチカムだの割りと細かいのでこの方法は1/35以上のスケールならまだ有効ですがミニスケではキツイです。画像は右4つが筆、左がこれから説明する方法です。




↑最初にネットでも何でも対象の画像を見つけて見本にします。
これは陸自迷彩。色は写真の撮り方や実物のヤレ具合で幾らでも変わるので色は自分のイメージ優先が結局良いかと思います。

「俺的ドライブラシ的迷彩塗装方」

*あくまでこの方法は一つの考え方です。参考の一つ程度にして下さい。

↑用意するのはこんな道具。面相筆、カスタム筆、ピンセット、接着剤など。
どこでも手に入るものです。


↑今回は手元にあるMrカラー群で塗りましたが、この辺も他のプラモ同様、ご自分の使いやすい物でOKと思います。個人的にはエナメル系をフィギュア塗装では部分的に使いたかったです。
*画像のカラーが全てではありません。ズラッと並べた絵が欲しかっただけですw


カスタム筆:これのポイントは筆をバッツリハサミでカット。ちなみに100均で買った物です。
これをドライブラシ風迷彩塗装に使います。



↑先ずは下地になる色を普通の筆でぬりぬり。



↑カットした筆に塗料を付けて少しふき取ります。これでポンポンフィギュアに軽く押し当てます。*なるべく垂直から軽くたたきつけると良い。
迷彩カラー分の色を次々に重ねて行きます。(迷彩の見本と見比べながら)
この時、ヤベーなんか上手く行かない!と思っても多分大丈夫です。後でまとまる確立が高いので。
とりあえず様子を見て進めてみましょう。筆の調子も調整しながら何回か納得できるまで試してみると良いですね。
*陸自迷彩の場合、黒は他の色より少なくワンポイント的な配置なので爪楊枝など細い棒で1点1点置く様にまばらに塗った方がそれっぽくなります。



↑サスペンダーや手、顔などを普通の筆で塗り分けます。ここまでで
大体基本的な塗り分けは終わります。実際の迷彩パターンのイメージと違うなと思った場合はここで調整して塗り重ねたり減らしたりしてみましょう。



↑腕や顔を接着。兵隊系フィギュアのポイントはアゴヒモをシッカリ
塗り分けてあげる事ですかね。
あまりに細い線の場合、筆でなく爪楊枝などを使うのも有効です。



*補足↑ドライバーはハンドルの関係で「この時点で座らせて腕を接着」と説明書には書くつもりです。
これは最も”ベーシックな方法”です。しかし、接着線を消したい方の場合ですが、腕を仮組みしてフィギュアだけ完成させてから座らせる事は保障の限りではありませんが”一応出来ます”ハンドルをフィギュアにくっつけてから座らせても良いですし、横からスライドさせても運転席に入ることがあります。腕の付け方は自由度が高いので”これ”と言う書き方は出来ませんでした。一番安全であろう方法を説明書には書きます。

・・・ってモデラーの方にはこんな説明不要ですよね^^;




↑模型は全体のつやを纏める事でシックリ来ます。
下地が乾いたら人間ですからつや消しのクリアーで全体を塗ってあげると良いでしょう。つやアリはダメですw
クリアーは自分はいつもタミヤさんの水性「アクリル系」のクリアーを使います。
*塗装に少しでもラッカー系以外の塗料を使った場合はラッカー系クリアは下地を侵すので止めた方が良いです。


↑はい。一応完成です。

このままでも良いのですが、さらに上を目指すなら。



↑エナメル系塗料でスミ入れで陰影をつけるのとハイライト効果を狙ってパウダーなんかを使ってみるとGOODです。
今回はタミヤさんのグッズを使いました。

全体をこれ(スミイレ用塗料)でウォッシング(全部塗る)してから凸部分を綿棒でふき取ります。
そうすると凹部分に影が残る様になるので立体的になります。

その後にウェザリングマスターでパフパフお好みでまぶして艶をさらに纏め、凸部分のハイライト効果をUPさせてみると・・・


↑左側がフィニッシュした物で右側がつや消しクリアーまでの物です。

割と立体感が出てそれっぽく見えるかなと思います。

完成です!


最後に。
果たして自衛隊の迷彩に見えるか?ですが、スケール1/16,35.72と全て見え方が違うので各スケールに合った塗り方を工夫してみて下さいね。大スケールではそれこそ面相筆で塗った方がそれっぽく見えるかも知れません(気が遠くなりますがw)
自分が1/72フィギュアで試した限りではこのブログの様にカットした筆でポンポン押し当てて細かい模様っぽく表現してみるのが一番シックリ来ました。

なによりスピーディーに作業出来るのが良かったですwww


以上、プラモの塗り方は人それぞれ自由です。今回は一つケースとして参考にしてもらえれば幸いですm(u_u)m




では!


















AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

あおこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

20 ■Re:消防のクルマが長持ちするのは

>山田哲也さん
おっしゃる通りだと思いますよ。一般車と違って自衛隊消防の車両は徹底したメンテナンスが施されています(車両だけじゃないですが)。予算の関係もあり、長く使い続けなければならない事情もありますけどね。

19 ■消防のクルマが長持ちするのは

>あおこさん


消防が警察等と違うのは、ポンプ車等の機械類を一杯搭載したクルマを多数所有しているので稼働しない時は立派な車庫の中にしまう必要があるのと、地震にも耐えられる鉄筋コンクリート造りの立派な建物を所有している(逆に言うと災害にも耐えられる建物を所有する必要がある)ので、車庫の中に入れるクルマも必然的に長持ちするのではないでしょうか。

18 ■Re:マガジンキットで出しませんか

>JAMさん
そういうのも良いですね。小物ディティールUPパーツくらいでしたら本もお客さんも負担が少ないでしょうしね。ただ、本体が無いので買う人が限られてしまいそうですねw

17 ■マガジンキットで出しませんか

いつも、このブログは見ています。
73式特大型+74式戦車付も買いました。
73式特大型の改造パーツ(モデルグラフックスに載っていた)、運転手などをマガジンキットで出してもらえるとありがたいのですが

16 ■Re:静岡の消防署・消防車

>山田哲也さん
静岡の人間では無いので昔の事は解りませんが、古い建物は出来れば残してもらいたいですね。耐震の問題もあり、予算の関係で難しいのでしょうが。

15 ■静岡の消防署・消防車

>あおこさん


静岡市消防局で最近まで使用されていた旧車の消防車はうろ覚えですが、流石にボンネット形ではないと思いました。
一般的なトラックがボンネット形からキャブオーバー形になったばかりの頃のクルマだった気がしますが。


消防の車両ですが、つい最近、初代アベニールサリューベースの車両を静岡市で見掛けました。
松嶋菜々子さんと猿が「サリュー、サリュー、サリュー」とCMで言っていたモデルです。
一般ユーザーの車両なら、とっくに廃車になっていてもおかしくはないです。


全国的に見ても、消防の車両は物持ちいいですね。


静岡市の石田消防署は某旧車誌に出てきてもおかしくはない建物だと思うのですが、駿河区役所の隣に綺麗な新しい建物を建てたので近いうちにそちらに移り、今の建物は取り壊されるのではないでしょうか?

14 ■Re:アオシマさんの近くの旧車の消防車

>山田哲也さん
そうなのですか。静岡のは知りませんが、確かに自衛隊もお金が無いのか大分古いのを使っていましたね。自分が知る限りですが、通常は20年前後で引退する感じがします。

13 ■Re:ミニスケールならではの手法

>t_takeさん
そういって頂けると幸いです。1回慣れてしまえば&手の入れ具合にもよりますが、1~9体塗るのにそんなに時間は掛かりません。自分は感想時間含めても1時間掛かりませんでした。しかし、この方法が良いかどうかは人それぞれですので色々試してみてくださいませ。

12 ■アオシマさんの近くの旧車の消防車

あまり詳しくはないのですが、静岡市清水区のどこかの消防署で昭和時代から現役の消防車として配属されていた車両が数年前に引退して話題になった事がありましたね。


実車の知識もありませんが、現車はまだ保存されているのでしょうか?

11 ■ミニスケールならではの手法

この様なフィギュアの迷彩服再現方法があったんですね!
ミニスケールのフィギュア塗装は職人芸的な世界だと思っていましたので、今回の工業的(?)な手法は眼から鱗でした。
連続写真の様に工程を示していただいたので、パーツを切り出す順番まで含めて大変参考になりました。

10 ■Re:これまたビックリ

>台覧坊一等さん
お、ご近所でしたか。地域密着型の署という感じで良い雰囲気でしたよ。確かにパトカー的に表記を変えればどの署の車に出来ると当初思ってましたが、ほぼ全て違うんですね。日本全国同じ街が無いので当然と言えば当然ですよね。管轄も地方自治体ですし。それで納得しました。確かに深い世界です。

9 ■Re:無題

>大庭景親さん
有難う御座います。化学車も出ます!アンビは1/32でベースがありそうな気がしますのでそちらでやれればどうかなと思いますが、費用掛かりすぎて需要が微妙なので難しいかな?

8 ■Re:無題

>プラズマン1号(仮名)さん
自分も当初はそう思ってましたし、そう思ってる方が殆どかも知れませんね。でも、よく考えると日本全国違う町ですから同じはず無いんだなぁと納得しました。

7 ■これまたビックリ

あら、あらあら(^^;

一目でどこか判ってしまう消防署においでになっておられたんですね(笑)
我が家は、その隣接エリアの管轄にありますので、準地元です。
これは、概要聞いただけで既にイクしかない物が発売になるようです(笑)

私は消防車はよくわからないんですが、所属表記を書き換えれば全国じゅう通用するもんだと思ってました。
やはり、日常の指揮監督権が地方自治体にあると、装備もそれぞれ管轄ごとに発注することになるんでしょうか。
そのぶん、お国柄が出るってことなんですね。
なかなか、奥が深そうですね・・・(^^;

6 ■無題

いつの日か、救助工作車 横浜スーパーレンジャーとか 東京消防庁 スーパーアンビュランスとか見てみたいです。

はしご車、予約します。

5 ■無題

消防車は1台ずつのカスタムメイドなのですか!?
量産する車輌ではないんだと改めて実感しました。

4 ■Re:こんにちは

>まんぞうさん
これは30m級はしご車になります。当たり前かも知れませんが、各街や都市ごとに仕様は違いますね。化学車は出ますよ。次回正体を明かせるかも知れません。

3 ■こんにちは

消防車の概要が出てきましたね。
ふと、名古屋消防のはしご車が……と思ってみましたが。このタイプのはしご車は無いんですよね、これが。あっても、15m級のタンク付きはしご車。
本署配備型のはしご車は全てポンプが付いてないし、やはり千差万別ですね。
次回は、化学三点セットになるといいなぁ、あっ、化学ポンプ車は出るんでしたっけ?だったら、泡原液輸送車、屈折高所放水搭車がモデルになると、尚更嬉しいのですが。

2 ■Re:これはいい塗装法ですね!

>彗星“R”たまごさん
いつも有難う御座います。流石モデラーさんですね。あの塗装方法を理解していただけて嬉しいです。消防士、オレンジのレスキューの人も要望が多ければありですよね!

1 ■これはいい塗装法ですね!

お仕事お疲れ様です!
外伝!これ来ますか、購入させていただきますよ!今回消防士さんは・・・無理ですね(笑)

来月ですか、No.11、12!
記事にある塗装法はいい方法ですね、大量(大人数)に塗装するにはなるだけ「簡潔に」しかも「らしく仕上がる」事は重要ですものね!自分も届いたらまず隊員を塗装してから、本キットに(ん?今回は隊員が本キットかな?(笑))取り組みたいと思います!
これから気温も上がり体調も崩しやすくなりますので、御自愛なさりながら~~~~~~、お仕事頑張ってください!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。