青山凌子の「己を凌ぐ!」

青山凌子の「己を凌ぐ!」

女優、青山凌子のブログ

Amebaでブログを始めよう!
こんばんは(о´∀`о)


お久しぶりです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)
青山凌子です

ずーっと更新してませんでした^^;


そして、次のブログはまたいつ更新するのかはわかりません^^;



アメーバのメッセージをいただいたり、
コメントをいただいたり、
地元の友達に、ブログ楽しみにしてるよ

ブログ見てるけど、更新してる?!女優辞めたの?!



…いろいろ言われます笑




端的に言うとおやすみしています^^
結構前から^^;

文章ぐちゃぐちゃで書きます










去年の7月あたりから考え始めたことです

一人の人間として、
最大限人生楽しんで生きているか?
わたしの今世での使命はなにか?

自分なりに考えて
営業して女優の仕事は取っていたが
女優も所詮サラリーマン。
時間ばかりに振り回されていていいのか。
その先で、本当は、何がしたいのか?

誰のためにまず生きて、
その次に誰を助けたいのか。
自分ではないのか

まず自分ではないのか。

オーディションに言って
バイトして稽古して
スタジオに通うわたしのどこに

芸の肥やし的な要素があるのか?

魅力的な人になろうとしてなれるのではない

知識が豊富だからそう思うのだ

わたしはどの分野でそうなりたいの?




表現することはだいすき。

でもそれを一つの方向
可能性だけに絞ってもいいのか?




人のためだけに女優をできるか?
女優の修行だけに時間を費やしすぎるのは
どうなのか?
他の人にも使える時間があるのではないか?


いろいろ考える場面がありました。



全てもう 過去だから
今は話せるけど

当時、結婚を意識した相手との交際。
祖父母の死。
久しぶりに帰ると感じる親の老い。
金銭と心のバランス。

それがわたしにたくさんの考える機会をくれました。






元から がむしゃらに動くのはわりと得意でした。

じゃなかったら、東京に飛び出してきません。
京都を一番出たくなかった人間ですから。



そのかわりと言ってはなんですが
世界で一番自分の可能性を
わたしは信じていました。

"わたしなら きっと大丈夫"


周りの信じて欲しい人が信じてくれなくても

わたしは 世界で一番
わたしの可能性をあきらめていませんでした。




でも、女優だけじゃない
ビジネスだけでもない
興味のある分野だけでもない


どれかだけなんて 嫌。
ずっとグズグズしてました

何かが違う。全然足りない。





けど やっと今のタイミングになって

わたしは最大限 すべてをやるのだな、と
感じることが出来た。
やっと全部揃った

今になって歯車が合い始めました。
今がタイミングなのです。



女優というお仕事について、向き合い方や
見方が変わったし
たくさん考える時間がありました

今も考えています。

どれが、どのポジションが
私の伝えたいことを
最高の形で伝えられるのか。


ざっと大きいことだけ言うと

女優を一旦やめて
他でビジネス形成をし、

別で興味のある分野で
セミナー講師を~28歳までに経験、
その年かその次の年29歳までに、
その内容について
テーマを少しずらして
ハードカバーと漫画版で書籍化を達成。

興味のある分野での修行を重ねながら
同じく29歳にコンサルタントとして独立。

35歳までに子供の手が離れて
35歳以降に女優復活、
監督もやってみようといろいろ動いていました。







そして 話が飛びますが
今日、
わたしのカウンセラー的、
プロデューサー的方が言ったのです。


それ、その計画、もっと早めてみたら?
りょうこちゃん 女優に戻ってみたら?



この一言で変わりました
 

ブログを書いてみるかという今に至ります



でも、さて、どうなるか。
具体的にちょっと考えてみることにします。


またね
{4B09AAC8-BE7E-4190-BFA3-B3AE3843D870}