いよいよ幼児教育無償化動き出す | 青木のりおオフィシャルブログ「変わらなきゃ!明日の川崎のため!青のりカフェ」Powered by Ameba
2019-03-28 09:43:05

いよいよ幼児教育無償化動き出す

テーマ:ブログ

いよいよ幼児教育無償化動き出す!!

 

7年前、川崎市幼稚園協会父母の会連合会会長を拝命し、その後、県の会長、全日本幼稚園連合会理事として、幼児教育の充実を目指しました。


10月より幼児教育・保育の無償化が実施

念願叶い、10月より、幼児教育の無償化が始まります。

川崎市で幼稚園、保育園の保護者が負担していた幼児教育分、約120億円が無償となります。幼稚園で計算すると、すべての子ども一人あたり対し、30,8万円の補助が出ることになります。ただし、川崎市の幼稚園は、全国平均30,8万円と比べると比較的高くなっているので、幼稚園の保育料がすべてタダになるわけではありません。実質負担額は月額約7000~9000円と試算しています。今のところ保育園においては、給食費は実費払いのため無償化の対象外です。これは約8000円と試算しています。無償化の言葉が先行している中で、10月以降、誤解や混乱が起きないよう、市に説明を徹底させるよう提案いたします。

 

幼児教育の重要性

天然資源がほとんどない日本において、がもっとも大切な資源です。人を育てることが、社会の発展につながります。人を育てるためには教育が重要です。特に子どもの頃の習慣は大人になった時に生きてくるため、幼児期に質の高い教育を受ける事はとても大切す。

 

ペリー幼稚園プロジェクト

アメリカ、ヘックマン教授のペリー幼稚園プロジェクト3歳~4歳の子ども達に高品質の教育施しその後40年間追跡調査をするというものでした具体的には少人数制、先生は学位を持つ専門家、細やかな家庭訪問などです。子ども達は質の高い教育を通して、自制心」「やり抜く力をつけ、教育を受けていない子どもよりも大学進学率が高く、雇用率も高いとの結果がでました。

また、社会的みても、犯罪率が低い、生活保護対象者が少ななどの差がみられました。わかりやすくすると、4歳の時に投資した100円が65歳の時に6000円から3万円ほどになって社会に還元されるという結果です。つまり教育に投資する効果は、個人としても、社会としても効果が大きいということです。 無償化により幼児教育に投資することは子ども達のためであり、ひいては社会全体の向上にもつながるため、今回の決定を大いなる前進と考えます。

 

子どもたちを守る

児童虐待が社会問題になっています。たくし自身が保護司として活動する中で、経済的貧困から教育を受けることができなかったという子どもたちと接します。 そのような環境を何とか減らしたいと思います。経済的貧困は子どもの虐待にもつながります。また、社会的みても、日本では受刑者一人につき、1千万円のコストがかかります。犯罪率を減らすことはこれらの費用削減につながります。

 

 

 

今回の無償化で、そのような子どもが減ることを望みますし、教育を受けた子供たちが社会貢献を果たし行けるよう、今後も応援したいと考えます。

青のりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ