学習塾の先生同士の学びの会(仮)

学習塾の先生同士の学びの会(仮)

青森市内にある5つの学習塾の先生方による、児童・生徒の学力向上のための学習法をお互いに学び合うための会です。取り組みをご紹介します。なお、名称は(仮)です。正式名は検討中です。

久々の投稿でございます。

アクシス観光通り校 柿崎でございます。

 

コロナ対策を自分なりに取りながら、日々塾運営をしております。

 

ここ数日、「今通っている塾から転塾しようと思っていますが、成績が上がらないのです。あなたの塾の資料ありますか」という来校が相次いでいます。

ありがたい反面、疑問に思うこともあります。

 

「近いから良いと思って、その塾にしたんでしょう。」

「その塾への不満は分かりますが、その塾のサービスを使い切ったのですか。」

「成績が上がらないんではなく、成績を上げようとしないからでしょう。」

「資料見てだけではその塾の実際の姿が分からないのに、なぜ資料を見て決めようとするのですか。」

「受験に向けて取り組ませたいが、月末でないと来られないって、早く取り組まなければならないのに月末なのは何でですか。」

 

などなどです。

 

何よりも、サービスを使い切っていないにも関わらず、成績が上がらないというのは、その塾に対して失礼だと思います。

ですから、当校では、「今の塾で最後まで頑張ったほうがいい」と伝えるようにしています。

変えることには労力を費やすことになるわけですから。

 

現状に満足していないから何とかしたいと思っているのに、なぜサッと行動しないのでしょうか。

ここで言う行動とは、「面談する」ことを指します。

慎重になっているのでしょうか。分からなくはないです。

が、慎重になればなるほど、タイミングを逃すこととなります。

 

どうか行動してください。

現状の不満を満足に変えるように自ら動いてください。

資料を収集して終わらないでください。

 

以上です。