「目黒区立中目黒公園」 で実施された 「令和元年度・目黒区総合水防訓練」 に

   出席いたしました。

   「目黒川」 が 「越水」 したと云う事で・・・・目黒消防署・目黒消防団・目黒区役所

   が出動します!

   (「目黒川が 越水しました」 と云う 訓練アナウンスを聞いた瞬間、「あ、あれぇ?

   『溢水・いっすい』 を 「えっすい」 と発音したのかな」・・・「東北地方の訛り」 かな

   と思ったんです! 以前 「上野・うえの」 を 「東北出身の方」 が 「ういの」 と発音

   したのを聞き覚えていたもんで、「い」 と 「え」 の混用と思ったら、「越水」 が業界

   用語だったんですね)

 

 

 

 

 

 

 

   「目黒消防署・目黒消防団・目黒区役所」 が、それぞれ 「本部」 を!

 

 

   「消防署・消防団」 が 「目黒川・・・ビニールシートで想定した」 の両護岸に土嚢を

   積み始めました。

   

   「目黒川」 に流された (想定) の方の救助が始まります。

   流れていた太い木に掴まって助けを呼んでいます・・・浮き輪が投げられ、梯子車

   の到着を待ちます。

   (「頑張れ! もう少し頑張れ! 救助の為に 梯子車の出動を要請した、間も無く

   到着するからな 頑張れよ、必ず助けるからな 諦めるなよ!」 と声を掛けています

   ・・・これが大事なんだ!)

   「梯子車」 による救助のためには、この車が障害になると 移動させます!

   四輪に 「車両移動器具 (商品名は 「ゴージャッキ」 かな?)」 を嵌めて無事 移動

   完了です!

 

 

 

 

 

   「消防梯子車」 が到着し、救助を開始します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   このあと 、区民参加によって実施された 「建物浸水防止工法 (プランター・ゴミ袋・

   ポリタンク・段ボール・土嚢・止水板等の活用」、「消防署・消防団・区役所」 が実施

   した「倒木による 道路啓開、浸水建物 排水活動、マンホール吹出防止工法・積み

   土嚢工法」 の工法点検見学が行われ、「水防管理者 (目黒区長) 挨拶・消防署長

   講評」 が行われ・・・・・。

 

 

   「令和元年度 目黒区総合水防訓練」 が無事に終了いたしました!