「めぐろ観光まちづくり協会」 の講座で 「目黒区駒場公園・旧前田家本邸 和館・洋館見学」 に

   参加いたしました。

   

   「旧加賀藩主前田家 第十六代当主・侯爵・前田利為候」 の居宅として 昭和3年から5年に建設

   された 「旧前田家本邸」 は、「利為候」 の滞欧経験に基づく 「海外からの賓客を迎え得る邸宅」

   で、「洋館」 は 家族の生活の場であると共に 「迎賓館」 としても利用できるように、また 「和館」  

   は 外国からの賓客に 日本文化を伝える空間として設計されたそうです。

   昭和17年 「太平洋戦争」 に出征していた 「利為候」 が 「ボルネオ島で 搭乗していた飛行機が

   空中墜落・戦死」 された後に、邸宅は 「中島飛行機製作所」 の手に渡って、戦後は 「アメリカ軍

   極東空軍司令官・官邸」 として接収され、接収解除後は 国と東京都の分割所有に、そして現在

   「目黒区立駒場公園」 として 「敷地と 和館」 が目黒区に、「洋館」 は 東京都が管理しています。

   ・・・・・「国の重要文化財 (建造物)」 に指定されています。

   (加賀藩江戸屋敷は 「本郷に 上屋敷、本駒込に 中屋敷、板橋に 下屋敷、門前仲町に 蔵屋敷」

   が在ったそうですが、大正13年 「関東大震災復興計画」 を機に 隣接していた 「東京帝国大学」

   の敷地拡張要望に応え、「駒場農学校 (東京帝国大学農学部)」 との土地交換によって 「駒場・

   移転」 となったとか・・・昭和4年に 「洋館」 が、昭和5年に 「和館」 が竣工しています)

 

 

 

   『旧前田家本邸和館』

   木造二階建て、宝形造・入母屋造

   桟瓦葺・銅板葺

   建築面積:355.47㎡

   延床面積:約460㎡

 

   「一間薬医門」

   (唐破風造・平唐門、唐破風頂部に 「前田家家紋:幼剣梅鉢紋の瓦」、銅板葺、腰まで割竹

   打ちの塀)

 

 

   まずは 二階 「御居間」 に ご案内を戴きます (ここの屋根が 「宝形造」 です)

 

 

   窓の外には 「高欄手摺」 が廻り、東面の庭は 「中国様式」 だそうですが・・・ん、解り難いなぁ

 

 

   また 「煎茶室」 (昭和24年、「兼六園」 に隣接する 「成巽閣」 に移築) の方角に 「丸窓」 が

   設けられています。

 

 

   「南面」 の窓下には 「池・滝・燈籠」 を配した 「池泉庭園」 が拝見できます。

   (「景石」 は、本郷屋敷から移されたものも在るそうです)

 

 

 

 

   天井を見上げますと 「格天井」 なのですが・・・「格間」 を半分に割って 「格縁」 を もう一本!

 

 

   「床の間・脇床」 には 「雲形金砂子」 が見えています!

 

 

   階段を下りて・・・・・。

 

 

 

 

   「踊り場階」 の水回りを覗きます!

 

 

   一階 「御客間」 を拝見いたします・・・今日は 時間が押しているようで、若干 「駆け足観賞」

 

 

 

 

 

 

   再び 「お庭拝見」

 

 

 

   「旧前田家本邸洋館」 の北面を拝見しながら・・・「洋館の 車寄せ・玄関」 に移動!

 

 

 

 

 

 

 

 

   今度は 「旧前田家本邸洋館」 を拝見いたしましょう!