「鴨川二条大橋」 に程近い 「京つけもの 加藤順」 で 「千枚漬け」 を購入し、「二条大橋」 を

   渡ります・・・・これは 何の実ですか、「銀杏」 じゃあ ないです! これって 「栴檀・せんだん」

   ですか?

 

 

 

 

 

 

   「コサギと マガモ」 ですかね?

 

 

 

   「京都の松飾り」 は 「根引き松」 が多いようです・・・・・「ギャラリー 田澤」 の店先にも

 

 

 

 

 

   「向かいの店に飾られていた・・・・・『亥』 を記録しました!」

 

 

 

   「高瀬川の北端 木屋町二条」 まで来ますと・・・「島津製作所 (明治8年・1875年に創業の

   分析計測機器・医用画像診断機器等で有名)」 の創業地に 「創業記念資料館」 が在ります。

   (裏手に見えるのは 「日本銀行京都支店」 ですね)

 

 

 

 

 

 

   「京都・高瀬川一之船入」 (国の史跡に指定)

   「高瀬川」 は、「保津峡」 の開発などを手掛けた 「豪商 角倉了以・素庵父子」 が 慶長19年・

   1614年頃に開いた 「物流用の運河」 で、この辺りを起点として 「鴨川」 の水を取り入れて、

   「鴨川」 に平行に 「東九条」 まで南下し 「鴨川」 を横断して 「伏見」 にまで通じて、盛時には

   百数十艘が上下して 「大阪」 等の物資を運び入れ 「京都経済」 に重要な役割を果たしたが、

   明治以降 「高瀬川」 は次第に舟運の役目を失い、大正9年・1920年に廃止されたそうです。

   「高瀬川」 は水深が浅くて 底が平らな 「高瀬舟」 と云う船が使われ、それが川の名前に成っ

   たようです。

   「船入」 とは、荷物の積み下ろしや 船の 「方向転換」 を行う場所で 「二条から四条」 の間に

   九ヶ所作られたが・・・この場所以外は 全て埋め立てられてしまったとか!

 

 

 

 

 

 

   この向かいに在るのが・・・・・「和食割烹・やました」 

   (今年も大晦日に店を開けて呉れました! 琵琶湖のモロコを焼いて貰おうと思ったら、

   今年の漁は終わってました 残念!)

 

   「粕汁」 (美味い!)

 

 

   「黒龍・二合」

 

 

   「ごり・菊菜白和え・〆鯖大根巻き・とこぶし」

 

 

 

 

   「お造り 剣先烏賊・車海老」

 

 

   「お造り 鮪・鰤・こしび鮪 (「クロマグロ」 の幼魚で、関東では 「メジマグロ」 でしょうか)」

 

 

   「炊合せ 蕪・海老芋・筍・生麸・蕗・真鱈子」

 

 

   「焼き物 マナガツオ」

 

 

   「かぶら蒸し」・・・此処 「やました」 は、何を頼んでも美味しいのですが、この 「かぶら蒸し」

   は絶品だと思いますね)

 

 

   「磯自慢・一合」

 

 

   「揚物 車海老・海老頭・穴子・蕗の薹・南瓜」

 

 

   「酢の物 蟹!」

 

 

   「食事・香の物・赤出汁 和風粽(ちまき)」

 

 

 

 

   「水菓子 洋梨オレンジ・パパイヤ」

 

 

   宿泊ホテルに戻ります! 

   さて、「NHK 紅白歌合戦」 を見てから 「年越し初詣」 に参りますかな。

   しかし 夜になると寒いなぁ~、 「風邪気味」 だし・・・・・どうしようかな?