毎年12月30日に 「中学高校の同期生&家族」 と 「神田 やぶそば」 で 「年越し蕎麦の会」

   を開催しています。

   明治13年・1880年創業の 「かんだやぶそば」 では、暮れ正月に 「藪睦会・大小鏡餅」 が

   飾られるのですが、その前の席を確保することを目的として 11時30分開店の (大晦日は、

   10時30分です) 約3時間前から 「一番乗り」 を狙います!

   そして、2018年は 我が家が当番になりまして 8時30分到着 無事 今年も 「一番獲得!」

 

 

 

 

   「ヱビスビール大瓶」 で乾杯し、直ぐに 「菊正宗・燗酒」・・・・・この時期、朝三時間の行列は

   応えるんです 「寒い! 寒ぶぅ~! お腹の中から温めねば!」

 

   まず 「ねりみそ」 (牛蒡と一味唐辛子、美味!) が出てくるのですが、撮り忘れたようです。

 

   「火箱に入った 焼き海苔」・・・開けたら 直ぐに閉めないと!

 

 

   「かまぼこ・わさび」

 

 

   「あいやき (鴨と葱)」・・・・・これが美味いんだなぁ~

 

 

   「刺身湯葉」

 

 

   「天たね」

 

 

   「せいろうそば」

 

 

   「かけそば」

 

 

   「せいろうそば・かけそば」 の両方を戴きまして満腹であります・・・我々の他の席は、全席

   入れ替わったようですし、長蛇の列が切れないようですから、さあ 交代いたしましょう!