「相撲道の師匠 Aさん」 と、「佐渡ヶ嶽部屋・千秋楽祝賀会」 で ご縁が出来た 「リストランテ・カーサ

   瀬戸内」 に伺い、『海と島々の詩』 を戴きました。

   (オーナーが 「小豆島」 出身で、同じ小豆島出身の 「佐渡ヶ嶽部屋・琴勇輝関」 と 親交があるのだ

   そうです)

 

   『海と島々の詩』

   (どこまでも穏やかな瀬戸内の海、優しく大らかな風景の中に 時として感じる力強さ、ずっと浸って

   いたい自然の心地良さと安心感)

 

 

   「メインの料理は如何されますか? 魚でしたら 「黒鯛・チヌ」 で 肉は 「小豆島のオリーブ牛」 です」

   「肉! オリーブ牛! 150gでお願いします!」

 

   前菜 「そよ風の音色」

   サヨリ ・ 穴子 ・ 赤脚海老 (「車海老」 の仲間で、足が赤い 「クマエビ」 だそうです)

 

 

   パスタ 「自然の わ」

   針イカとグリーンピース、セリ、カラスミのスパゲッティーニ

   讃岐コーチンのラグーと新玉葱、アスパラのキタッラ (イタリア語の 「ギター」 だそうで、「スパゲッティ・

   アッラ・キタッラ」 を作る 木枠に 「ギターの細い弦」 を張ったとような道具 とか)

 

 

 

   肉料理 「大地の実り」

   香川県産オリーブ牛 (A5ランクのもも肉:150gを、炭火でじっくりと焼き上げています) ・ 旬野菜

   (「オリーブ牛」 が美味ブランド牛ですが、まだまだ生産量が少ないんです!)

 

 

   ドルチェ 「光のささやき」

   イチゴ ・ ホワイトチョコレート ・ ヴィンコットソース (葡萄から作られる甘いシロップ) 

   (白いパウダーが添えられています・・・・・オリーブオイルのパウダーで、ほんのりとした甘味が!)

 

 

   カフェ & プティフール

   (粉砕した 「カカオ豆」 を敷き、その上に チョコレート・レモンクリーム入りプティシュー・フィナンシェ・

   ドライフルーツのクッキーが乗っています)