「相撲道の師匠 Aさんご夫妻」 のご案内で 「六本木 寿司名店・よしの」 に伺いました。

   「よしの」 の店主ご夫妻とは 『国技館』 で良くお目にかかりますが、店に伺うのは初めて!

 

   「温燗酒」 (新潟魚沼 「緑川」 でしょうか? 今度聞いてみよう) を飲みながら・・・・・。

 

   「蝦蛄・昆布〆鰈・大葉鳥貝」

 

 

 

 

   「紀州和歌山170kgの鮪・〆鯖・平貝海苔巻」  (ここで 「海苔談義、ゴルフ話」、また 「鰻」 と

   云えば何処の店が美味いか なんぞ・・・鮨は勿論ですが、店主の話術も 抜群見事であります)

 

 

 

 

   「握りましょうか?」

   「づけ鮪・墨烏賊・筏烏賊・釣り鯵・茹で海老」

 

 

 

 

  

 

   「小柱軍艦巻・雲丹軍艦巻・蝦蛄・青柳・づけ鮪中トロ」

 

 

 

 

 

 

   「鮑・〆鯖・昆布締め鰈・穴子・胡瓜手巻き」

 

 

 

 

 

   「あれあれ、巻いたのに 何遣ってんの? えっ ブログ用の写真を撮るんで・・・・・!」

 

 

   「美味大満足、美味かったなぁ~。 師匠! また来ましょうね」