「さっぽろ雪まつり」 を見に 「北海道」 に来て、「新千歳空港」 から 「小樽」 に移動して 「庄坊

   番屋」 で 「きんき煮付け・鱈の白子・雲丹の柳川・握り寿司」 を 「うんめえなぁ~」 と 「美味・

   堪能」 した後に 「小樽貴賓館・旧青山別邸」 に遣って参りました。

 

 

 

 

   『旧青山別邸』

   「青山留吉・政吉 親子」 は、明治・大正期に 「ニシン漁」 で巨万の富を築き、「青山家最盛期」

   とされる大正六年・1917年に 高い美意識を持ち一流好みと云う 「にしん大尽 二代目・政吉」

   は 娘夫婦 「民治・政恵」 と共に 「山形県酒田の宮大工棟梁たち」 を呼び寄せ、「優れた職人」

   を集め 「酒田の欅」 を大量に運ばせて 「芸術的 瓦葺屋根 (雪の多い北海道では 珍しいのだ

   とか) 建物・別荘」 の建築を始め、「娘・政恵」 がそれを受け継いで六年半もの歳月を費やして

   1500坪の土地に 「木造二階建て延べ190坪、6~15畳の部屋18室」 の別荘を完成させた

   のだそうです。

   「政恵」 は 十七歳の時に 「山形県酒田市・本間家邸宅」 に招かれ、当時 「本間様には 及びも

   無いが、せめてなりたや殿様に」 と言われる程の大富豪・大地主であった 「本間家」 の豪壮な

   建物に魅せられ 「この別荘を 本間家邸宅以上の建物にしたい!」 と願い、「政吉」 をも上廻る

   美意識を以って 「現在の建築費に換算すると 総工費 35億円」 と云われる 「豪邸別荘」 築き

   上げた・・・18室は それぞれ趣が異なり 「床や柱は 欅・春慶塗り(磨いた様に光り輝いている)

   神代杉の幅広天井・漆喰壁・鴬張りの廊下・継ぎ目の無い一本物の長押、紫檀・黒檀・鉄刀木・

   白檀を用いた書院造の床の間、当時宝石と同価値とされた七宝焼きの襖引手、竹・紫檀・白檀

   の彫刻欄間、狩野派絵師が競った襖絵、そして池泉庭・枯山水の中庭を配した豪勢な別荘・・・

   これが 「旧青山別邸」 なのだそうで、平成22年 「国 登録有形文化財」 に指定をされています。

   (「山形県飽海郡遊佐町には 「旧青山本邸」 が在り、平成12年に 「国の重要文化財」 に指定

   されています。

   「青山留吉」 は、「青山嘉左衛門・第六子」 として 「遊佐青塚」 の貧しい漁家で生まれ、24歳で

   北海道の漁場に渡って雇漁夫として働き、一年後には小規模ながら漁場を持つことになり積丹

   半島を中心に漁場を次々に拡大して、漁場15統・漁船130隻・使用人300人と云う 道内有数

   の漁業家と成り、故郷の遊佐青塚に土地を手に入れて 「本邸」 を建設して 後には田地250町

   余を所有する大地主となった・・・青塚の村税八割を納めたとか。 七十三歳の時 「北海道漁場

   を養子の政吉に譲り、青塚に隠居した」 そうです)

 

   「小樽貴賓館」 で受付を済ませ 「旧青山別邸」 を見学に・・・その前に 「貴賓館ホール天井画」

   を拝見いたします (ここまで、写真撮影が許可されています)

 

 

 

   「昭和二十年代のひな人形」 が展示されていました。

 

 

   「旧青山別邸」 は内部撮影不可の為・・・「瓦葺屋根」 を重点的に!

 

 

 

   「漁・魚・帆船等」 を表すものが各所に取り入れられていますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   「軒下」 に 「欅・手彫り細工」 が見えます!

 

 

 

   「鬼瓦」 が飾ってあります!

 

 

 

   さあ、「小樽運河」 に参りましょう!