これまでとこれから

テーマ:



みなさん、沢山のお祝いメッセージありがとうございました。




おかげさまで、素晴らしい誕生日になりました。



思い返せば、24歳の春に起業して26年が経った。




その当時、周りの先輩経営者のおっさん達に言われたのは…


10年やって若造
20年選手になれるのは一握りと。




長崎みたいな田舎町って、出る杭は打とうとする。


その当時やってたJBもそう。




長崎には新しすぎて、周りは打とう潰そうとしてきた。

でも、俺って荒波大好き♫




ZIPP、アジアんカフェの時も、またあいつ何かやり出したとやっかまれた。





デカい波が来ればくるほど、やってやろうってなる。



それで痛い目もあったがまったく後悔はなし。





その後、だんだん社員も増えていき、スタッフの家族など守らなければならないものも増えていった。





それに伴い俺自身、強く、逞しくなっていったと思う。





そして、サッカーに携わり沢山の子供達を持てた。


今、その子供達を大切に大切に育ててる。





試合になったら審判にオイッ!って叫んでしまうことも多々あるが、それは子供達を守るため。


激しいファールを受け、子供が傷ついたら当然怒るし叫ぶ 。





イケイケドンドンで育ってきた俺なので、そこは変えようとしても無理だし、変えられない。




過保護なわけではないが

そう言われても上等 笑


これからも抱きしめながら育てていくよ。






でもね、こんなわがままで、強い性格と個性を持つ俺だから会社も26年細く長く続けられたんだと思う。




50歳の所信表明じゃないけど

これからも沢山のチャレンジをやっていこうと思ってる。



チャレンジ続けてたら多少の波は覚悟の上だし、それも俺の本性だからしょうがない。






平凡に生きる人生選んでないから波乱万丈。





これからの10年。

もっと凄えことやってやりたいな…

って、自分を奮い立たせてみる。



やれよっ!ってね。