Story 飼育放棄の犬 1.ひかる:怖れの子犬 | 青い鳥を求めて…

青い鳥を求めて…

青い鳥動物愛護会の公式ブログです。人と動物が真に共生していける心豊かな社会を目指しています。

おはようございます。

《あかるく、あいかつ、あおい鳥》です。

 

10月9日のブログに「4つの魂への哀悼」として

相次いで旅立った4匹の成犬のことに

少しだけふれました。

 

そして「いつかこの子たちのことを書く」と言いながら

そのままに時間が過ぎてしまいました。

 

皆様にお伝えしたいことがいっぱいあって

次から次にアップして来ましたが

まだ下書きのままひっそりと

埋もれているメモがたくさんあります。

特に無情な人の世で

幸せになれないまま逝った子たちのことは

記憶の底に残ってチクチクと胸を刺します。

 

慌ただしい年の瀬に済みませんが
年を越したら、また新たな波に押し流されて

あの子たちのことを書く時間も無くなるでしょう。

だから今、書き残してやりたい。

言葉を持たないかれらのStoryに

どうかつきあって下さい。

 

 ひかる 

11月1日没

 

ひかるは

今年の3月17日に保健所から引き取った子です。

生後4~5か月くらいのメスの子犬でした。

野良犬らしからぬ大きな体なので

飼育放棄されたのではないかと思います。

部屋の隅に頭を埋めるようにしてうずくまるのは

保護犬にはよく見られるポーズです。

 

引き取る際に怖くて脱糞・失禁をし

ワクチンを打つ時も失禁しました。

よほど人間に怖い思いをして来たのでしょう。

この子を気遣って世話をしてくれたボランティアさんの

名前をもらい「ひかる」と名づけました。

 

引き取った時から下痢が続き食欲もなく

顔を壁に付けたままで人を見ようとしなかったひかるが

2~3日すると

ようやく少しだけ目を合わせてくれるようになりました。

 

ひと月ほど声掛けとスキンシップを続け

人間に慣れさせようとしましたが

なかなか抱っこすることが出来ません。

 
とても可愛いく優しい女の子なので
早く里親さんを見つけてあげたいのですが
スタッフの努力にもかかわらず
ひかるは全く人に慣れてくれません。

 

そこでシェルターのケージから

人の出入りが多いスタッフルームに移動して

ふれあいの時間を多くとるようにしました。

4月23日のことです。

 

その3日後の4月26日

スタッフのMさんの手から初めて餌を食べました。

 

保健所からシェルターに来た子たちにとっては

人間とのふれ合いが何よりも大切です。

特に子犬は4~5か月くらいまでに

人間との間に良い関係が保てないと

その後の「人慣れ」が難しくなることもあります。

私たちはそれを

十分すぎるくらい分かっている積りです。

しかし人手が足りず、人を雇う資金もない青い鳥では

常に70~80匹ほどいる犬猫の世話に追われ

1匹1匹のふれあいの時間を取れないのが現実です。

 
いつの間にかひかるも
そうした人慣れしない子の1匹に含まれ
人慣れできないまま
約1歳の生をシェルターで終わらせることになりました。
 
 
スタッフにこんな和やかな顔を見せ始め
ようやく「慣れて来た」とほっとし
これならば譲渡募集が出来そうだと
皆が喜んでいる矢先に起った出来事でした。
10月中頃ひかるが体調を崩し
病院に駆け込みました。
 

続く・・・

 

~*~*~*~*~*~*~*~

      

青い鳥の活動は皆様のご寄付で支えられています。

私たちが「あいかつ」を続けて行けますように

どうかご支援をお願い致します。

 

 

【青い鳥の詳細につきましては】

ホームページ をご覧ください。

http://aoitori-aigo.org/

里親募集/ボランティア募集

ご支援の方法/ふるさと納税/よくある質問

等を掲載しております。

 

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ