アンダー(暗め露出の写真)でも、ライティングは効果があります。 | 東京、横浜の写真教室 あおいとりコーポレーション

東京、横浜の写真教室 あおいとりコーポレーション

花と写真でHappyを届けよう!
貴女の人生が、テーブルフォトのレッスンや撮影を通じて、彩りのあるものになりますよう。


テーマ:

こんばんは。横浜、東京の写真教室、あおいとりコーポレーション飯田英里です。

前回の記事で、ライトの効果なしで、単なる暗い露出だけだと、

どのような写真になるのか?

それも疑問だと思いますので、比較したいと思います。

 

実際に、受講された方しか分からない環境の状況だと思いますけども、

なにかの参考になれば。

 


こちらは元の画像です。ふんわりとした光になるよう作られています。

 

 

 


1枚目の写真の光の条件で、

単に、露出の違い(露出暗め)だけだと、暗いまま、ふんわりした光です。

 

実際に、瞬間光で撮影していただいたときの写真です。

スタイリストさんの希望で、白いカップ&ソーサーは白く、影は強めに出しております。

硬い光ですね。

 

どのような光を作りたいのか、いろいろと観察されてくださいね。

 

受講生の利益を守ることも大事です。技術的なご質問にはお答えいたしません、ご了承ください。

前回の記事は以下からご覧ください。


 

 

 

東京、横浜の写真教室 あおいとりコーポレーション

女性のためのフォトレッスン あおいとりコーポレーション

初心者からのテーブルフォト あおいとりコーポレーション

アメブロ、RSSご利用以外の方には、ブログの更新時に、
FBページからの「ブログ更新のお知らせ」が見れます。

ブログのコメント欄をなくしたので、コメントはFBに宜しくお願いします♪

 

あおいとりコーポレーション飯田英里さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス