全国厚生労働関係部局長会議の振り返り(その1) | あおいさんの部屋

あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:

評価が難しい。又村です。

何が難しいって、予想の遥か斜め上をいく「チーズ味のグミ」が発売されたのです。グミ、しかしチーズ。味と食感は予想できますが、組み合わせが予想できない。

・・という、愚味リスクを感じるネタはさておき、今回から、1月に開催された全国厚生労働関係部局長会議のうち、障害保健福祉部に関係する資料から気になった部分をチェックしたいと思います。

【会議資料はこちらから】
https://www.mhlw.go.jp/topics/2019/01/tp0107-1.html
【障害保健福祉部資料のPDFはこちらから】
https://www.mhlw.go.jp/topics/2019/01/dl/9_shogaihoken-02.pdf


(目次)
1 平成31年度障害保健福祉部関係予算案について
2 障害者総合支援法等について
(1)平成31年度障害福祉サービス等報酬改定について
(2)就学前の障害児の発達支援の無償化について
(3)地方分権について
(4)障害者手帳のカード化について
(5)特別児童扶養手当等について
3 障害者の地域生活における基盤整備の推進について
(1)地域生活支援事業等について
(2)防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策等への対応について
(社会福祉施設等施設整備費補助金)
(3)障害者の就労支援について
(4)相談支援の充実等について
(5)平成29年度の障害者虐待に関する調査結果等について
(6)発達障害支援施策の推進について
(7)医療的ケア児等への支援について
(8)障害者の芸術文化活動に対する支援について
(9)視覚障害者等の読書環境の整備について
(10)ヒアリングループ(磁気誘導ループ)の普及促進について
(11)海外から渡航する補助犬使用者への対応について
(12)障害者自立支援機器等の開発促進について
4 精神保健医療福祉施策の推進について
(1)地方公共団体による退院後支援等について
(2)精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築について
(3)依存症対策について
(4)精神保健指定医制度の見直しについて
5 障害者差別解消法について

まず、平成31年度障害保健福祉関係予算案ですが、主なものは次のとおりとなっています。
カッコの中は、今年度の予算額です。

障害児者福祉サービス経費
1兆4,542億円(1兆3,317億円)
地域生活支援事業(委託相談支援、移動支援や日中一時支援など)
495億円(493億円)
いわゆる施設整備費(日中サービス、グループホーム、防災対策など)
195億円(72億円)
医療的ケア児に対する支援
地域生活支援事業等のうち1.3億円(68百万円)及び75百万円(1.8億円)
発達障害児・発達障害者の支援施策
3.8億円(4.1億円)
芸術文化活動の支援
3.0億円(2.8億円)
ロボット等の導入モデル事業
15百万円
災害からの復旧・復興への支援
13億円及び被災者支援総合交付金(177億円)の内数(22億円)

特に障害児者福祉サービス経費は12年間で約2.8倍に増加しているというデータも示され、しかもこれは国負担分(2分の1)ですから、総額ベースではいよいよ3兆円を超える予算規模になってきたことが特徴といえるでしょう。

次回は「2 障害者総合支援法等について」へ進みます。

あおいさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ